広島県呉市が天応地区全域に避難指示!天応西条3丁目の付近で土石流の恐れ!1831世帯に


7月13日に広島県呉市が天応地区全域の1831世帯に避難指示を出しました。避難指示が出た原因は天応西条3丁目の付近で、土石流が発生する危険性が高まっているからで、呉市は出来る限り素早く天応地区から離れるように呼び掛けています。

土石流は土砂が雨水などと混合して、河川・渓流などを流下する現象のことで、山津波(やまつなみ)とも言われている恐ろしい自然現象です。土石流が一度でも起きると自動車並みのスピードで突っ込んでくることから、発生後に逃げ切るのは非常に難しいと言われています。

 

広島 呉 天応地区1831世帯に避難指示 土石流の危険高まる
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180713/k10011531601000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

広島県呉市は今回の豪雨災害で被害を受けた天応西条3丁目の付近で、土石流が発生する危険性が高まっているとして、午後1時25分に天応地区全域の1831世帯に避難指示を出しました。

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next
   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    激甚災害じゃないか

  • 匿名 より:

    異常気象が日常になりつつあるわけですから、もう昔の常識は捨てて危ない土地には住まない建てさせないくらいの厳しさがないと何度もまた命を失うことになるのでは?