新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

東京オリンピック、猛暑対策に国と都が秘策!「水やかち割り氷などを配る」「舗装を変える」

*新国立競技場
2020年7月に開催が予定されている東京オリンピックですが、国と都は猛暑に備えて様々な案を検討しています。

報道されている国と東京都の秘策は大きく分けて3つで、マラソンコースの道路に特殊な舗装をし、路面温度の上昇を抑える舗装計画。街路樹の整備と送風機の設置による空調の効率化。水やかち割り氷などを配布する直接的なサービスです。
道路の舗装計画は今年度予算だけで約70億円を計上しており、都と国がかなり気合を入れていることが分かります。

しかしながら、これらの政策はいずれも気休め程度にしかならないと見られ、実際に今年のような猛暑が到来した場合、大量の客と熱気で熱中症の患者が多発する可能性があると言えるでしょう。

ネット上でも「氷とかワロスw」「会場にクーラーつけろよ!」「そもそも開催日を変えればよいだけ」などと批判を受けている状態で、2020年の東京オリンピックが無事に終了まで行けるのか不満なところです。

東京五輪、猛暑OK?マラソンは過去30年で最も過酷か
https://www.asahi.com/articles/ASL7N3PKML7NUTIL01D.html

 18日の国際オリンピック委員会(IOC)理事会で承認された競技日程では、マラソンや競歩などが当初の計画から開始時間が前倒しになった。

 マラソンは30分早めて午前7時開始となったが、東京大学の横張真教授(都市工学)は「根本的な問題解決にはなっていない」と指摘する。横張教授は16年8月、当時想定されていたマラソンコースを2週間計測。過去約30年の夏季五輪の中で最も過酷な大会になる可能性を示す結果が出たという。コース中盤から気温は35度を超え、皇居付近は日差しを遮る場所もない。選手だけでなく沿道の子どもやお年寄りも極めて危険な状態に陥る可能性があるという。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!