新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

イージス・アショアの費用、総額6000億円以上で想定の3倍に!「イージス艦の方が安い」

*イージス・アショア
防衛省が検討している地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の導入費用が膨れ上がっていることが分かりました。

報道された防衛省の試算によると、配備が予定されている2基のイージス・アショアで総額6千億円以上となり、1基辺りのコストで海上のイージス艦よりも高くなる可能性が極めて高いとのことです。

値段が高騰している原因は、本体の最新鋭レーダーシステムやミサイル発射機、デッキハウス(建物)、弾薬庫、本体の防衛設備などで費用が増加しているからだと発表されています。
防衛省は5年程度の時間をかけて段階的に関連予算を計上し、平成35年度の運用開始を目指す方針です。

ただ、イージス・アショアの運営には多額の費用と多くの人員が必要になることから、「イージス艦の方が安い」「イージス艦の方が良いのでは?」というような声も浮上しています。

 

イージス・アショア 2基で総額6千億円超 関連施設など含めると想定の3倍に 防衛省試算
https://www.sankei.com/politics/news/180723/plt1807230008-n1.html

 防衛省が地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の導入費用について、2基で総額6千億円以上となると試算していることが22日、分かった。米国から購入するミサイル発射システムや最新鋭レーダー、デッキハウス(建物)などの主要装置に加え、イージス・アショア自体の防護対策や弾薬庫など関連施設も必要となるため、当初の想定以上に費用が膨れあがった。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!