新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

北海道地震の余震、有感地震が150回を超える 気象庁「余震で最大震度7の恐れも」


9月6日に発生した北海道地震の余震が100回を超えました。北海道では9月9日22時58分にもマグニチュード5の強い余震を観測しており、その後も有感地震が頻発しています。

本震が発生した9月6日3時から計算すると、有感地震の回数だけでも軽く150回を超えている状態で、今も非常に活発な余震活動が継続中です。

気象庁は本震発生から1週間程度は最大で震度7程度の強い余震が発生する恐れがあるとして、当面は余震に警戒をするように注意を促しています。
過去の大地震でも本震の後に強い地震が来たケースが多いので、しばらく油断せずに避難準備を入念にしておくと良いです。

 

地震情報
https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/earthquake/list/

地震分布図
http://www.hinet.bosai.go.jp/hypomap/?ft=1&LANG=ja

最大震度7程度の余震に十分注意 雨の土砂災害も注意を
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180910/k10011621311000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_015

今月6日、最大で震度7の揺れを観測する地震が起きた北海道では、その後も余震と見られる地震が相次ぎ、9日夜は厚真町などで震度4の揺れを観測しました。気象台は、揺れの強かった地域では、初めの地震から1週間ほどは最大で震度7程度の揺れの地震に十分注意するとともに、雨による土砂災害にも注意するよう呼びかけています。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!