新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

関西空港連絡橋のタンカー衝突は人災?避難推奨海域には行かず 船長「安全だと思った」


台風21号の暴風によって関西空港の連絡橋に衝突したタンカー「宝運丸」(2591トン)について、船長らの判断ミスによる人災の可能性が浮上しています。

問題視されているのは台風が接近する直前に警告を受けていたのに、荒天時に避難するよう推奨されている海域ではなく、関空島に近い位置に停泊していたことです。
読売新聞は船長の発言として「安全だと思った」と報道しており、船長が台風を油断して避難推奨海域まで移動させなかったと見られています。

海上保安庁は「関空島の岸から原則3マイル(約5・5キロ)以上離れた場所」を避難推奨海域として定めていましたが、このタンカーは関空島の南東約1・6キロにいかりを下ろして停泊していました。

このようなタンカーの行動に市民からは「ふざけんな」「これは人災だ」「船長に修理費を負担させるべき」などと怒りの声が殺到し、ネット上でも物議を醸しています。

 

船長「安全と思った」…「走錨」多発の関空周辺
https://www.yomiuri.co.jp/osaka/news/20180909-OYO1T50005.html 

関西空港の連絡橋にタンカー「宝運丸」(2591トン)が衝突した事故で、タンカーが事故前、荒天時に避難するよう推奨されている海域ではなく、関空島に近い位置に停泊していたことが、海上保安庁や運航会社への取材でわかった。船長は海域外だと認識していたが、「安全だと思った」と説明しているという。同庁は停泊位置と事故の関係について調べている。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!