日本での風疹激増、アメリカが妊婦に渡航自粛勧告!風疹患者1289人で13倍超に!

CDC本部
日本での風疹患者が激増しているとして、アメリカが妊婦を対象にして日本への渡航を控えるように自粛勧告を発表しました。
報道記事によると、アメリカのCDC(疾病対策センター)は日本で激増している風疹は異常事態だとして、10月22日に警戒レベルを3段階のうち上から2番目の「勧告」に引き上げると発表したとのことです。

また、CDCは日本への渡航者に対して事前に予防接種を受けているか確認するよう呼びかけ、厳重な警戒をするように促しています。

風疹患者数は14日までの1週間に追加で141人の風疹患者が報告されており、6週連続で150人前後の増加となりました。今年の累積患者数は1289人となり、昨年1年間の13倍に激増しているところです。
この数字は先進国の中でも異例中の異例で、一部からは「福島原発事故の放射能汚染で免疫異常が起きているのでは」と指摘する声もありました。

 

風疹流行に関する緊急情報 国立感染症研究所 感染症疫学センター
https://www.niid.go.jp/niid/ja/rubella-m-111/rubella-top/2145-rubella-related/8278-rubella1808.html

米が妊婦の日本への渡航自粛勧告 風疹感染拡大で
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181023/k10011682761000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

首都圏を中心に風疹の感染が広がっていることを受けてアメリカのCDC=疾病対策センターは22日、予防接種を受けていないなど感染のおそれがある妊娠中の女性に対しては、感染の拡大が治まるまで日本への渡航を自粛するよう勧告しました。

風疹患者1289人に 昨年の13倍超、増加続く
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36819610T21C18A0000000/

国立感染症研究所は23日、14日までの1週間に新たに141人の風疹患者が報告されたと発表した。6週連続で150人前後の増加が続いている。今年の累積患者数は1289人となり、昨年1年間の患者数93人の13倍を超えた。

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next
   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 施工事例 より:

    これは仕方ないですね。わざわざ伝染病の流行っている地域に渡航を制限されるのは国としては当然でしょう。早期の鎮静化が望まれます。

  • 匿名 より:

    放射能被害は「即死」というような形はとらないことが多い代わりに、統計的に見ると明らかに被害者が増加している。でも統計的議論は行政、司法では普通、採用されない事が多い。(例外的に水俣病裁判では採用された。)統計学を学ぶ人間は少ない。選挙の当確予想はみんな信じているのにね。要するに大手メディアの言う事を鵜呑みにしているだけだ。

  • 匿名 より:

    まぁ、日本だしね。しょうがない。

  • 匿名 より:

    やはり、必要なのは常識、ということか。

  • 匿名 より:

    奇形の話がメインだからな
    原因は別であって。

    原因不明の増加に対する誤魔化し