新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

日産・ゴーン会長逮捕、仏ルノーの株価が15%暴落!マクロン大統領「フランス政府は注意深く見守る」

*ルノー
日産自動車のカルロス・ゴーン会長が逮捕されたとの報道を受けて、日産と提携関係にあったフランスの自動車会社ルノーの株価が急落しています。報道が流れた初日だけで株価は最大15%も下がり、今も乱高下を繰り返しているところです。

フランスのマクロン大統領は「フランス政府は、ルノーと日産の提携やルノーのグループ会社、それに従業員の雇用の安定について注意深く見守るとともに、株主として支援していきたい」とコメントし、ルノーと日産の動きを注意深く見守るとしています。

フランス政府もルノーの株式に関わっているだけに、今回の逮捕劇は日本を超えてフランスを揺るがす騒動になる恐れもあると言えるでしょう。

↓ルノーの株価

 

仏大統領「ルノーと日産の提携 注意深く見守る」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181119/k10011716641000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_006

フランスの自動車メーカー、ルノーの会長を務めるゴーン氏が逮捕されたことについて、訪問先のベルギーのブリュッセルで会見したフランスのマクロン大統領は、「今の状況で何らかの発言をするには十分な情報がない。フランス政府は、ルノーと日産の提携やルノーのグループ会社、それに従業員の雇用の安定について注意深く見守るとともに、株主として支援していきたい」と述べました。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!