新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

陰性で退院した患者が再感染!退院から12日後に新型コロナの陽性反応!ウイルスの長期生存を証明か 三重県

*ダイヤモンド・プリンセス
三重県で新型コロナウイルスに感染して退院した患者が再発症したことが分かりました。

三重県によると、この患者は70代男性で、2月16日に陽性反応が検出されたことからクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」を下船し、検査で陰性反応となった3月2日まで東京都内の医療機関に入院していたとのことです。
陰性が検出された後は完治と判断されて公共交通機関を使って自宅に帰宅するも、その後の3月12日に発熱などの症状が発生。

男性からの連絡を受けて医療機関が緊急検査を実施したところ、PCR検査で陽性反応が検出されました。

一度は陰性反応となった患者が12日後に再び陽性反応に転じた事例で、再感染や再発症の可能性が高いと見られています。

中国の方でも再発症の報告は多く、新型コロナウイルスが体内で長期生存するとの報告書も発表されていました。

 

新型コロナウイルス感染症患者の発生について(県内第8例目)
https://www.pref.mie.lg.jp/YAKUMUS/HP/m0068000071_00017.htm

本日(3月14日(土))19時、三重県保健環境研究所の検査により、新型コロナウイルス感染症患者が確認されました。
新型コロナウイルス感染症の患者の発生が確認されたのは、県内で第8例目です。
本件について、濃厚接触者の把握などの調査を確実に行ってまいります。

【概要】
(1)年代  70代
(2)性別  男性(日本籍)
(3)居住地 桑名保健所管内
(4)職業  無職
(5)症状・経過
クルーズ船「ダイヤモンドプリンセス号」の乗客です。無症状であったものの、クルーズ船内の2月14日(金)のPCR検査にて陽性となったため、2月16日(日)に下船し、3月2日(月)まで東京都内の医療機関に入院していました。
3月12日(木) 39.0℃の発熱、全身倦怠感あり。
3月13日(金) その後も発熱症状が続いたため、帰国者・接触者相談センターに連絡あり。帰国者・接触
者外来を設置している県内の医療機関Aを受診後、入院。
3月14日(土) 19時頃、県保健環境研究所のPCR検査により陽性を確認。
県内の感染症指定医療機関Bに転院。
現在も発熱症状が続いている。

 

関連過去記事

新型コロナウイルス、患者の体内で5週間は生存可能と判明!退院後に再発症 中国でも再発症が拡大との報告
https://johosokuhou.com/2020/03/13/27462/

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!