新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

秋篠宮さまが大嘗祭への支出に疑問!憲法を守るように要望 「宗教色が強い」「宮内庁は聞く耳持たず残念」


11月30日に53歳の誕生日を迎える秋篠宮さまが記者会見の中で、国費の使いみちに疑問を投げかけました。秋篠宮さまが指摘したのは皇室行事「大嘗祭(だいじょうさい)」で、宗教色が強い行事であるとして国賓は使うべきではないと指摘。

また、宮内庁長官らにこの考えを伝えていたことも明らかにし、「聞く耳を持たなかった」「非常に残念なことだった」とコメントしています。皇族が公の場で疑義を呈することは異例で、ネット上でも秋篠宮さまの発言は物議を醸していました。
国から皇室の公的活動に支出される公費「宮廷費」は約22億5千万円となっており、宗教色が強い行事に関する支出は前々から批判の声があったところです。政府はある程度の宗教色を認めつつ、予算の使い方を見直そうとはしていません。

秋篠宮さまは来年5月の代替わり後、皇位継承順位第1位で皇太子待遇の「皇嗣(こうし)」となります。日本国憲法が定めている政教分離に触れる恐れもある問題だけに、秋篠宮さまのこの発言はかなり重みがあると言えるでしょう。

 

秋篠宮さま、大嘗祭支出に疑義「宮内庁、聞く耳持たず」
https://www.asahi.com/articles/ASLCQ44BQLCQUTIL01F.html

 秋篠宮さまが30日の53歳の誕生日を前に紀子さまと記者会見し、天皇の代替わりに伴う皇室行事「大嘗祭(だいじょうさい)」について、「宗教色が強いものを国費で賄うことが適当かどうか」と述べ、政府は公費を支出するべきではないとの考えを示した。この考えを宮内庁長官らに伝えたが「聞く耳を持たなかった」といい、「非常に残念なことだった」と述べた。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!