新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

韓国のレーダー照射問題、今度は「JAPAN NAVY」で議論が巻き起こる!「自衛隊なのに海軍」「国際社会では当たり前」


韓国の艦艇が自衛隊の哨戒機のレーダーを照射した問題で、今度は公開された映像に入っていた自衛隊員の発言内容で議論が巻きおこっています。問題となっているのは、自衛隊員が韓国軍に無線で呼び掛けた際に「JAPAN NAVY(こちら日本海軍)」と発言した場面です。
日本国内では自衛隊として「海軍ではない」となっていますが、海外の活動では普通に「JAPAN NAVY」となっています。

これについて韓国側のメディアは「軍隊を持つことができる『普通の国』を夢見る日本の野心」「日本は海軍を持っていないはず」などと取り上げ、それが日本国内でも憲法問題と合わさって議論が加熱している感じです。

一般的に「JAPAN NAVY」は「日本海軍」と直訳することが可能で、海外活動では紛らわしいことから普通に日本海軍や日本空軍などと自衛隊は名乗っています。今まで何百回と行われていた国際活動でも大きな問題はなく、今頃になって「JAPAN NAVY」で議論が巻きおこっていることに自衛隊関係者からは驚きの声もありました。
結論的に言えば、自衛隊が「JAPAN NAVY」を名乗るのは別に問題がなく、逆に現場を混乱させる恐れがあることからも「JAPAN NAVY」以外を名乗るのはリスクがあります。

 

今度は「JAPAN NAVY」に韓国反応 「野心明らかに」「安倍政権の志向投影」
https://www.j-cast.com/2018/12/30347196.html?p=all

通信社「ニュース1」も、このような表現を使うことには「意図が隠されている」との軍関係者の声を掲載する。

海上自衛隊の正式な英語名は「Japan Maritime Self-Defense Force (JMSDF)」。一方、NAVYは「海軍」なので、直訳すれば「日本海軍」となる。韓国側の反応はこうした点を指しているものとみられる。

なお、過去の朝日新聞記事(2017年10月19日付朝刊)にある海自自衛官の談話によれば、以前から、「(多国籍軍での)任務中には無線で『ジャパン・ネイビー(日本海軍)』と自称する」という。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!