ヘッドライン

日本共産党「ネット民は中核も革マルも共産党も赤軍も区別のつかないレベルの人が大半」


日本共産党のツイートが話題になっています。
話題になっているのは日本共産党が一般人の意見を引用する形で掲載したコメントで、そこには「もはやネット民は中核も革マルも共産党も赤軍も区別のつかないレベルの人が大半」「心当たりのある人は気をつけて下さいね」と書いてありました。

引用元のツイートには「コミケで中核派がいるのはどうなのという議論に今一つ緊迫感がないのは、もはやネット民は中核も革マルも共産党も赤軍も区別のつかないレベルの人が大半で、そういう人が『山本太郎は中核派』とか『枝野は革マル派』とか、自分でも意味がわからないまま流言飛語を適当に並べてる有様だからでしょう」というような事が書いてあることから、根拠がないネット民の批判に反論する形で掲載したと見られています。

この共産党のツイートは2000回以上もリツイートされ、多くの意見が相次いでいました。

 

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next

ヘッドライン

   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

芋田治虫 にコメントする コメントをキャンセル

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    選挙のときには、わざと、区別をつけない人たちが増えるようだけれどね。

  • 匿名 より:

    安倍支持者の騙しの手口への皮肉ですね。

  • 匿名 より:

    行政府の長と立法府の長の区別がつかない自民党総裁が総理大臣している国です。それを支持している人たちは革マルや中核なんか全くわかってないです。

  • 匿名 より:

    沖縄県知事選 自民・佐喜真応援団は組織的なデマ攻撃

  • 芋田治虫 より:

    ナチスアレルギーの人たちもナチスのものとナチスっぽいものもの区別がつかないのというには大型犬と狼の区別がつかないようなもの。
    右翼アレルギーに至っては中型犬ならいざ知らず猫や小型犬でも猛獣という馬鹿を通り越して基地○
    つーか中核も革マルも日本共産党も日本赤軍もだが、ソ連や中国は、スターリンや習近平はマルクスやレーニンから何も学んでない。
    むしろイタリアやポルトガルのが戦前戦中戦後を通してマルクスやレーニンから学んでいる。
    だからポルトガルは社会主義国家で死刑を初めて廃止した国になったし、イタリアも冷戦が終わった後euで初めて共産党の人が大統領になった。

  • 芋田治虫 より:

    2019年1月5日 9:12 PM の追伸
    俺もムッソリーニも昔は共産党員だった。
    だが俺は昔は赤軍や革マルの人たちと同じくらい全然マルクスやレーニンから学ばなかった。
    ムッソリーニのが遥かにスターリンや毛沢東よりマルクスやレーニンから学んでいる。
    しかしポルトガルの人々やイタリアの人々のがもっとマルクスやレーニンから学んでいるからこそポルトガルはファシズム独裁政権から社会主義政権に移行し、民主的な政権に移行する過程でたいした混乱なく済んだし、イタリアも第二次世界大戦中のイタリア降伏後新ムッソリーニ派と共産主義勢力の間で連合軍とナチスも介入した内戦になるも戦後は分断されないですんだ。
    そして同じ敗戦国の日本やドイツとは違い本当の復興を遂げることができた。

  • 芋田治虫 より:

    俺ももっとマルクス、レーニンから学ばなきゃいけないのは確か。
    真の愛国者ならしっかりと客観的かつ適切に敵の思想を学び「一見すると正しい主張」に騙されないようにしなければいけない。
    そういう意味ではナチスを支持した人達と戦前戦中の日本人は「敵の主張と思想を知ろうと」さえしなかった。
    明治大正の人々は知ろうとしたし学んだというのに。

  • ロハスな人 より:

     「中核も革マルも共産党も赤軍も区別のつかないレベルの人が大半」なのはネトウヨさんだけでは?
     正確には区別がつかないふりをしている『職業工作員さんが多い』ということだと思いますが…。
     このツイートは明らかに失敗ですね。

  • 警告 より:

    >匿名
    >2019年1月5日 9:08 PM
    >沖縄県知事選 自民・佐喜真応援団は組織的なデマ攻撃
    記事に関係ないコメントは削除願います。

  • 匿名 より:

    警告
    2019年1月5日 10:23 PM
    >>沖縄県知事選 自民・佐喜真応援団は組織的なデマ攻撃
    このコメは関係している気がするけれど?

  • リアルゴリラ より:

    このブログでも最近よく応酬されるネトウヨ、パヨク合戦も正直言ってオイラも理解不能なんですよねー、「このコメントに左翼要素ある?、これに賛同したら右翼なの?」ってなりますねー。
    ま、右翼=ネトウヨ、左翼=パヨク、ではないのは分かるんですが乱用しすぎで本来の意味からかけ離れてややこし過ぎです。 結局は安倍ボン政権をを中心に左右に振り分けられている印象がありますねー。
    一度、右翼、左翼とは、保守、革新とは何かをオイラも含め見直す必要がある様に思いますねー。

  • 匿名 より:

    >>>沖縄県知事選 自民・佐喜真応援団は組織的なデマ攻撃
    >このコメは関係している気がするけれど?
    どの辺がネット民が中核派も革マルも一緒くたに見ている話と沖縄選挙選挙戦が関係あるんですか? 引用のリテラの記事にも「中核派」「革マル」の文字は一切出ていませんが?

  • 匿名 より:

    はっきり言えば中核も革マルも共産党も赤軍もコミンテルンも、ネトウヨやパヨクといった侮蔑の言葉でしか意味が無くなっているんだよな。言われている方も「なんか知らんが罵られていることはわかる」と言った状態。言われた意味わかんないまま逆上する、というね。

  • 匿名 より:

    匿名
    2019年1月5日 10:47 PM さん
    ああ、この記事ですね?
    『沖縄県知事選で自民・佐喜真応援団が組織的なデマ攻撃! 選挙公約「携帯料金4割削減」もデタラメ!』
    こうしたデマの背景には、過去から
    「もはやネット民は中核も革マルも共産党も赤軍も区別のつかないレベルの人が大半」
    これを、わざと、やってきた人たち、背景があるんですよね。特に選挙のとき。
    それと関係があるようだから、これは無関係じゃないだろうと、そういうことです。

  • 匿名 より:

    匿名
    2019年1月5日 10:51 PM
    >コミンテルン
    ってこれで、罵られるって感じる人いるの? あなたやけに詳しいねw
    お前「コミンテルンだー」なんて聞いたことないぞ?
    もしかして、ネトウヨの人?

  • 匿名 より:

    >リアルゴリラさん
    ネトウヨもパヨクも根っこは同じように思えますねー。
    右翼左翼も議会の右側左側に座っている人達の意味合いでしかなかったし。
    保守革新だって現在の日本を見るとやりたい放題の自民が革新で野党が保守みたい。
    保守でいうと親米保守と民族独立派保守とには分類出来るのかな?
    世界的に見ても中道右派と中道左派の争いの構図から、ルペンのような極右の台頭とそれに対抗する極左の増大があります。
    米国の共和党、民主党の枠組みの中でもトランプの出現と、社会民主主義者サンダースの若者の熱烈支持と中道は没落傾向です。
    こういう極端な傾向はナチスが登場した時にも現れ、ナチスの勢力が拡大と共に、共産党も躍進していました。
    そう考えるとネトウヨガー!パヨクガー!と罵り合っている状況はあまりよろしくないですねー。

  • 匿名 より:

    >芋田治虫さん
    資本論を著したマルクス、あとエンゲルスやレーニンといった人達の考えや理想から、スターリンや、毛沢東、ポルポトといった暴君が恐怖政治を敷いたことで、本当の共産主義を捻じ曲げてドンドン離れていったという事でしょうか。
    本家が暴力肯定だから、末端組織の赤軍や革マルなども暴力組織になってしまったとか。

    ナニワ金融道とかの漫画家、青木雄二氏が生前、超高度資本主義の後は共産主義になるしかないような事を言っていたが、原子共産主義→豪族制→封建制→王政→(社会主義)→資本主義→共産主義といった手順が必要だったのかな?
    ソ連も中国も資本主義を経験せずに、いきなり共産主義になったのが失敗の元?

  • リアルゴリラ より:

    2019年1月5日 11:42 PM 匿名様
    ホントそうですよねー、二言目には ”改革” ”変革” を連呼する与党のどこが保守なんだと思ってます。 歴史を踏襲し常に固持または微調整で留める ”保守” を名乗っているはずの政党が積極的に国の根幹を次々と変えてしまってますからねー。 その方針に異を唱えれば ”パヨク” と揶揄されるからホントにワケ分かりません。
    ここのコメ欄を拝見していてもやはり両極端になってきているのも感じますねー。 ”基本安倍ボン政権の方針には反対だけどこれは賛成” と言った意見またはその逆のパターンを殆ど見ませんから上手く言えませんが個人個人の思想が型にハマって凝り固まっている様な感じがしますねー。

  • 匿名 より:

    現在の中国は共産主義国家の失敗例になるのか?成功例なのか?
    鄧小平の先富論、すなわち「先に富める人や地域は先に進んでもかまわない」という改革開放路線なんやけど、厳密にいったら共産主義じゃないよねー。
    経済はある程度オープンになったけど、天安門事件で民主化は潰されて、いまだ一党独裁ってことで共産主義の側面の様相はみせる。
    共産主義なのに汚職が蔓延り、習近平が汚職撲滅の錦の御旗で政敵を刈り取り、強権の上、神格化も始めた。
    皇帝になろうとしているのか。

  • 匿名 より:

    >リアルゴリラさん
    革新政党自民党ですよね。
    入管法、種子法、水道法などなど
    自民党もかつてはタカ派からハト派まで硬軟織り交ぜた人材が凌ぎを削っていたけど、今や安倍一強で、官邸が強くなり過ぎー。
    小選挙区制度の怖さですかね。
    派閥の力が弱まり、金権政治から脱却という利点はあったけど、自民党内での擬似政権交代はほぼなくなりました。
    経世会や宏池会が廃れ、小泉安倍の清和会が一気に席巻しちゃいました。
    小選挙区を推し進めた小沢一郎の功罪?
    政権交代という偉業を成し遂げる為の諸刃の剣というか劇薬を打ち込んだ。
    民主党は政権を取ったまでは良かったが、官僚を敵に回したのはマズかったですね。
    安倍にYESならネトウヨ、NOならパヨクというリトマス紙がこのブログのコメント欄にはあるんですかねー。
    安倍首相って統一教会との絡みや、後援会パチンコとか親韓という見解もあるのでどーなんでしょーね。

  • 昨年、「武装した難民」に「覚悟」はどうなった? より:

    ここで重要なのは、自分できちんと調べることができる、ってことじゃないかな?
    「もはやネット民は中核も革マルも共産党も赤軍も区別のつかないレベルの人が大半」
    この問題は「ネット民」がってところ。これだけネットが発達していながら、
    つまりは、きちんと調べてないってことなんだよね。
    それで、思い込みで間違ったことを正しいと思いこんじゃう。そこが一番の問題なんじゃ? 
    これ、「日本共産党」のツイ、自分で「共産党」ってやってるけれど、相手に「共産党」=「日本共産党」って思わせるツイしてることに気づいてないし。でも受けとる側は「共産党」=「中国共産党」=「日本共産党」かもしれないし。
    そうした情報を発信する場合、読む場合、そうした注意も必要ってこと。
    きちんと調べれば「中国共産党」=「日本共産党」【にはならいこと】すぐに分かるはずだけれど。でもネット民はそこまで調べてないってことだよね?
    とにかく、これはこのことに限らず【なんでも】まず、何を調べれば良いか判断できて、きちんと調べること、その【違い】をなどを調べられること、そして調べる過程でデマ、嘘には引っかからない、話はそこからじゃないかな?

  • 匿名 より:

    匿名
    2019年1月6日 12:47 AM
    今の中国は社会主義国家ですよ。
    社会主義国家とは共産主義(平等)に至る為に人民の犠牲も致し方無しとして理想を追求している最中の状態の国家です。

  • 匿名 より:

    匿名
    2019年1月6日 1:45 AM
    >今の中国は社会主義国家ですよ。
    社会主義国家とは共産主義(平等)に至る為に人民の犠牲も致し方無しとして理想を追求している最中の状態の国家です。
    全然それ違うじゃん。社会主義、共産主義ってのは資本主義と同じ経済のことでしかないの。資本主義を自由主義と言い換えるのも間違い、自由は経済用語ではないだろ?
    もうひとつ
    >人民の犠牲も致し方無し
    これは中国には正しいけれど、共産主義と同じにはならないからね。
    さりげなく嘘書かないように。

  • 匿名 より:

    >社会主義、共産主義ってのは資本主義と同じ経済のことでしかないの。
    社会主義と共産主義の何処が経済の事なのか教えて?
    >これは中国には正しいけれど、共産主義と同じにはならないからね。
    同じとは言ってませんよ。
    貧乏なまま、共産主義体制にしていると、他国との競走に勝てないので、一時的に社会主義体制にして、国力が上がるまで共産主義をお預けにしているのが、今の中国の社会主義です。

  • 匿名 より:

    いきなり共産主義に成る事は困難なので社会主義体制があるのですよ。
    >革命後の体制はプロレタリアート独裁期を経て社会主義へと移行し、さらに共産主義へと発展する、という考え方が定着した。マルクスの言う共産主義の低い段階は社会主義と位置づけられた。

  • 匿名 より:

    匿名
    2019年1月6日 2:17 AM
    社会主義、共産主義が経済だということはマルクス経済学からきてることだろ?
    労働者から資本家が労働力を搾取する、これを資本主義として、
    それに対する経済の問題としての考え方が社会主義、共産主義。それ以上のものでもそれ以下のものでもないの。
    その後中国の体制は経済というより、毛沢東主義という政治の問題。もうひとつ言えば、中国はプラグマティズム、実利主義という問題をはらんでるという見方もある。だから中国が共産主義か社会主義か? というところには単純にそうと言えない部分があるの。
    それに、今の中国は鄧小平の時代に「富めるものは富め」の先富論、ここから、社会主義というより経済では資本主義的になったとみるべきじゃないか? そこからも簡単に中国を社会主義、共産主義と定義できないということ。

  • 匿名 より:

    匿名
    2019年1月6日 2:17 AM
    書き忘れた、
    社会主義「能力に応じて働き、労働に応じて受け取る」
    共産主義「能力に応じて働き、必要に応じて受け取る」
    これが、基本的な考え方。これが、資本主義の「労働者から資本家が労働力を搾取する」
    と対立するから、社会主義、共産主義は資本家からは嫌われる、当たり前で、それだけのこと。
    そして、社会主義以前の、つまり「労働者から労働力を資本家が搾取する」この基本的な考え方が広まらないように、資本主義を自由主義と言いかえたということ。
    (個人的にはこの共産主義は夢物語だとは思うが)
    ただ、この「労働者から資本家が労働力を搾取する」というのが自然と今のブラック企業やらの背景にあることも間違いないこと。
    (これを基本にあとはどう考えるか、それは自由だとも思う、私はデマ、間違った知識がとにかく嫌いなだけ)

  • 匿名 より:

    過激派左翼が散々事件を起こしてきたのだから、一緒くたに世間から白い目で見られるんでしょ。
    文句を言う前にイメージアップを図りなよ。もっと積極的に各組織の違いを説明し、日本共産党は決して暴力に頼らないと再度宣言するべきだ。
    弾圧サレタ歴史ガーばっかり言ってないで、いつも言ってる”国民目線”で考えろと思うわ。

  • 匿名 より:

    沖縄県知事選、
    新潟県知事選もそうです。

  • 匿名 より:

    日本語不自由なくせに変なボキャブラリーが豊富な人、物凄く増えたよね
    総理大臣から引き籠りまで

  • 匿名 より:

    国民に議論をさせないためにはどうするか
    主張にレッテルを付けて煽ります
    それだけで議論は止まります
     
    今のウヨパヨ合戦は仕込まれた物
    その時代毎に不自然にヘイトを高める動きをしている人等が居ませんでしたか?

  • 匿名 より:

    2019年1月6日 6:01 AM様

    まさにあなたの仰る通りだと思います。
    暴力的な悪いイメージを長年ずっと持たれてるのは、少し可哀そうな感じはしますが
    現在も誤解される・レッテルを張られる環境を作ったのはご自分たちなのですから、
    こういう突き放すような、蔑むようなtweetではなく、自ら目線を下げて誤解を解く活動をしていただきたいものです。

  • 匿名 より:

    これ正論じゃんか

  • 芋田治虫 より:

    日本共産党と社会民主党より旧民主党と立憲民主党のがマルクスやレーニンから学んでいるの確か。
    しかしアホベはヒトラーと同様全然学んでいない。

  • 芋田治虫 より:

    学んでいるからこそ適切かつ的確に批判でき、学んでいるからこそおかしな思想に洗脳されないし、ある思想を歪曲しておかしくしない。

  • 匿名 より:

    騙すためにいるネトウヨとパヨクは同じものだと思うよ
    安倍を右翼保守で排外主義者と言ってるもの

    完全日本を浮上させないようにする工作員

  • 匿名 より:

    どれも同じようなもんだろ。

  • 匿名 より:

    これはそのとおりだな

  •   より:

    「オレに反論する奴は中核で革マルで在日サヨクできょーさんとーで……」な輩だらけだから。
    こういう連中は基本的に「ネット右翼」(ネトウヨ)。

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next