虚偽発言で有罪判決、強姦冤罪で男性が国と大阪府を提訴!「冤罪の責任は裁判所にもある」


強姦事件で有罪判決となり、服役中に被害者女性の証言が嘘だったことが判明し、再審で無罪となった男性(75)が国と大阪府を提訴しました。

この訴訟は2009年に大阪地裁が被害届けを出した女性の証言を参考にして、「女性が被害をでっちあげることは考えがたい」というような見解で男性に強姦と強制わいせつ罪で懲役12年の判決を言い渡し、その後に最高裁も上告を退けて男性の有罪が確定するも、後になって女性が「被害は嘘」と告白したことで男性の釈放が決まった事件です。

男性は2011年4月の最高裁判決から服役中となり、2014年11月まで釈放されることがありませんでした。2015年10月には医療カルテの記録などから再審で無罪を勝ち取りますが、それまでの裁判所や国の対応に問題があるとして今回の提訴に踏み切った形です。
訴訟の判決は今月8日にあり、ネット上でも訴訟の内容が話題になって色々と議論が白熱しています。捜査機関による冤罪逮捕と同時に、裁判所が安易な決め付けで間違った判決を出してしまったという点に批判の声が多く、冤罪が発覚した際の罰則規定を求める意見もあったところです。

 

強姦冤罪事件、女性の「うそ」で服役 裁いた国の責任は
https://www.asahi.com/articles/ASM135VDQM13PTIL006.html?iref=comtop_8_02

 強姦(ごうかん)事件などで服役中に被害証言がうそだったとわかり、再審で無罪となった男性(75)と妻が国と大阪府に計約1億4千万円の国家賠償を求めた訴訟の判決が8日、大阪地裁である。男性側は冤罪(えんざい)の責任は捜査機関だけでなく、裁判所にもあると訴えている。

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next
   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    「女性が被害をでっちあげることは考えがたい」という“経験則”でその女性の証言を証拠として否認し続けた男性を実刑に処す判決!裁判て凄いことやっているんだね。一審だけじゃない高裁も最高裁も酷いね。行政裁判はヒラメ裁判官がのしているようだが刑事裁判もずいぶん杜撰じゃないか。
    知的に障害のある被告人など訳のわからないまま冤罪かぶったまま刑務所に入れられている人も多いのではないか(本人もその方が屋根の下で寝食できるので助かると思っていたりするから悲惨だが)。
    ところで、この手のYahoo!ニュースに元検事の前田恒彦氏が訳知り顔でオーサーコメントなんかしているが(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190105-00000024-asahi-soci)、この御仁はムショから出してもらった後も出家して当然の事件を引き起こしているのだから、まさに「おまいう」で図々しいにもほどがある。一刻も早く世間から消えて欲しいわ。

  • 匿名 より:

    こんな簡単な事件を裁けないなんて素人じゃん
    首にしろ

  • 匿名 より:

    状況証拠だけで死刑になっちゃう国だからねえ

  • 自民党は国難政党 より:

    おいおい、強姦魔山口は、証拠もあるのに不起訴?
    なのになんでこんな女の証言だけで有罪になるの?
    方や、証拠有アリーノなのに起訴すらされないのか?
    可笑しいだろう。
    ボオーット生きてんじゃない!
    この糞山口を起訴しろ!
    検察のアホ野郎どもめ!

  • 匿名 より:

    やはり証言だけで、起訴するのはかなり乱暴な手法だろう。きちんと証拠を出さなければ。

  • 匿名 より:

    一時期犯罪率を増やそうとしていた感じあるんだよね
    とくに痴漢
    それと連動するように日本は犯罪率が高いと思い込んでる人が異様にいるんだよなあ
    どこかでそう学んだとしか思えないレベルで事実として言う奴らが
    わざと不満を高まらせるためにやってる部分があるように見える
    だからそれとかかわってそうな奴らは別の意図がありそうな

  • 匿名 より:

    日本人は、「責任をとらない」という組織しか知らないし、つくったことがない。
    だから、今回も、誰々の責任、というふうにはならないだろう。
    「誰も悪くない。あなたの運が悪かったのだ」という結論になりそうだ。

  • ちさと より:

    新聞の記事が(特に見出し)が、誤解の元です。プライバシー配慮?が、かえって罪です。
    偽証したのは男性の孫で、複数の証言者も含めて関係者全員が家族・親族(義理も含む)。
    《本人が家族にHな行為をしなかったら何もなかった。》
    自分が原因を作った家庭内の性的関係の「揉め事」です。
    それで失われた名誉とか、国家賠償請求とかは疑問です。
    拘束日数に応じた保障金は受領済。
    公判記録でも娘に小学5年〜高校1年に性的関係があったと本人が認めている[争いのない事実](時効)。孫に対しては痴漢行為だけで、強姦ではなかったが、かつての体験から娘(母)が激怒して訴えた。
    孫娘には痴漢程度だったが、母の勢いに押されて代弁的な大げさな証言をした(←偽証)。彼女が成長後に告白して無罪になった。
    また国家賠償法は、公務員の故意過失を問うもので、結果責任を問う法律ではないため、元々よほどの事でないと認められない。それにも関わらず小学5年〜高1まで犯された娘や、偽証を告白した孫をさらに苦しめる事になるのに、訴える爺さんの気持が理解できません。
    新聞も書くなら背景も含めて総合的に書かないと混乱する。
    新聞記事では、どういう偽証で、なぜ偽証したかさえ解らず、国家賠償法の目的も解りません。
    上記のことは公判記録を見ればわかる。
    各種情報をまとめたブログ
    http://hokusetsu-navi.hatenablog.com/entry/2019/01/08/191428
    法律事務所のブログにも、公判記録が資料としてまとめられている。
    専門家向け資料なので読みにくいが、ソースは?という方は読むべき。
    http://milight-partners-law.hatenablog.com/entry/2019/01/06/092747

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next