インドネシア地震、復興案に日本が提言!堤防計画も重視へ!整備費で300億~600億円の円借款

*インドネシア津波
2018年後半にインドネシア中部スラウェシ島で発生した大地震の復興案に日本の意見も多数盛り込まれた事が分かりました。インドネシア政府は東日本大震災の経験を参考にした上で、日本の支援を受けて復興案の策定を進めると発表。

報道記事によると、昨年10月に日本の国際協力機構(JICA)はインドネシア政府と合意し、津波で被害を受けた島中部パルの沿岸部を中心に最大5~6メートルの堤防を約15キロにわたって建設するとのことです。
この堤防建設には300億~600億円規模の円借款が使われると見られ、今月にも具体的な内容をインドネシア政府とまとめるとしています。

インドネシアでは2009年のスマトラ島沖地震をキッカケにして地殻変動が活発化しており、先月も大きな火山噴火と津波が観測されたばかりです。
最近は日本のような地震大国から積極的に技術や災害対策のノウハウを取り込んで、官民一体となってインドネシアは地震災害への強化を目指しています。

 

インドネシア地震、復興案が判明 日本の知見を活かす
https://www.asahi.com/articles/ASM144TZRM14UHBI01F.html?iref=comtop_latestnews_03

 インドネシア中部スラウェシ島で昨年9月末にあった大地震・津波で、同国政府が日本の支援を受けて策定を進めている復興計画の素案がわかった。堤防づくりのほか、津波や液状化で犠牲が出た区域の居住や建物の建築を制限し、将来の災害へのリスクを軽減する内容だ。2011年の東日本大震災からの復興のノウハウが生かされている。

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next
   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    よいことだと思います。
    中には「また海外へのバラマキか?」と眉を顰める方もいるとは思いますが、過去に何度も津波被害を受けている日本だからこそできる援助だと思います。まさしく「生きたお金の使い方」。インドネシアの家屋をすべて日本家屋にするわけにはいきませんが、防波堤その他日本のノウハウを生かした防災・減災の役に立つことと思います。原発を輸出するよりはよほどいい「援助」になると思います。

  • 匿名 より:

    >匿名
    >2019年1月6日 11:37 AM
    >JICA 国際協力機構
    >官僚をはじめ、公務員の完全な天下り団体です。
    だから何だ? インドネシアの防災に役に立ったいるのだからいいだろ馬鹿オタク

  • 匿名 より:

    匿名
    2019年1月6日 11:37 AM
    ↑何でもかんでも天下り団体認定してんじゃねーよ馬鹿オタク

  • 匿名 より:

    匿名
    2019年1月6日 11:37 AM
    ↑管理人に名指しで「無知」「頭が弱い」と指摘された奴(笑)

  • 匿名 より:

    中国みたいに担保取れよ
    平均1%の金利しか取っていないなに
    10年平均2兆円の貸倒れってどんだけだよ!
    親方日の丸だからやりたい放題だな

  • 匿名 より:

    自国の領土もマトモニ守ろうとしない日本国は外面だけはは良い。
    キックバックが余程美味しいのかな?
    中国は北海道買占め? 韓国は対馬が近いので買占め?
    何とかしようとしてた議員さんは貶められお亡くなりになってしまった。
    国を壊そうとする議員ばかりが安定政権なんて変な国日本。 

  • 匿名 より:

    日本国内も地震災害、豪雨災害でガタガタなのだがアベは余程国内(日本国民)には興味が無いらしい。

  • 匿名 より:

    災害を守る為に援助するお人好しは政治家を生業とする一家にはいない。

  • 匿名 より:

    こういう事を国民がどんどんやったれ!って思える国にして欲しいわ。
    この事自体は良いことだと思うけど、外面だけ良くても意味がない。
    もっと国内にも同じようにお金を回して下さい。

  • 匿名 より:

    >もっと国内にも同じようにお金を回して下さい。

    そこで「国土強靭化政策」ですよ。

    「南海トラフ」大地震津波が確実に起きると言われていつつ、湾口防波堤の整備状況はどうだ? 津波避難タワーの整備は? 避難誘導路の整備は? 何も行われていないのが実態である。

    あまり伝えられてはいないが、岩手県普代村。東日本大震災において岩手県の沿岸自治体において唯一犠牲者の出なかった村である。
    ここには、全高15mの防波堤および水門が整備されてある。はっきり言えば村の規模に対してオーバースペックである。しかし、同村には10mの津波が襲来した。5mの高さが生死を分けたのである。

    今こそ。

    「国土強靭化」の名のもと、災害における大規模かつ新たな「列島改造」が必要なのである。「コンクリートから人へ」のスローガンもいいだろう。しかし、今後の防災・減災対策に必要なのは「コンクリート」であることは言い過ぎではないであろう。「国土強靭化」これこそが防災・減災への道であると言えるでしょう。