新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

現金無しの銀行が増加、NHKの報道が物議!キャッシュレス化?銀行破綻の前兆?取り付け騒ぎ対策か


NHKが取り上げた記事が物議を醸しています。注目を浴びているのは1月15日付で投稿された「銀行が “現金扱いません” 昼休み設定も 効率化広がる」という記事で、この記事を読んだ人の意見は賛否が真っ二つに割れていました。

現金を使わない銀行の出現を歓迎している方は、「これでキャッシュレス化が進む!」「犯罪防止の観点からも素晴らしい」「遅すぎたくらい!」などとキャッシュレス化が促進されるとして前向けに受け止めています。

一方で、この記事に否定的な意見を書いているコメントを見てみると、「取り付け騒ぎ対策か?」「マイナス金利の悪影響がでた」「銀行が潰れる前兆」というような意見が多かったです。

全体的に銀行業界はマイナス金利の導入から景気が大幅に悪くなっており、コストカットやカードローンの導入で何とか経営を立て直そうとしている状態が続いています。キャッシュレス化の促進は表向きの建前だと見られ、銀行側の本心ではコストカットや緊急時の取り付け騒ぎを防ぐ狙いの方が大きそうです。

 

銀行が “現金扱いません” 昼休み設定も 効率化広がる
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190115/k10011777741000.html?utm_int=all_side_ranking-social_004

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!