ヘッドライン

日本海側で大雪が強まる!西日本から東日本の広い範囲、新潟県で1メートル35センチも!九州でも降雪を観測


26日は強い寒気が流れ込んできた影響で、西日本から東日本の広い範囲で雪が観測されています。九州地方や中国地方の広い範囲で雪が観測され、場所によっては今後も明日にかけて積雪量が増える恐れがあるとして、気象庁は各地に大雪警報を発令しました。

日本海側だと積雪量が1メートルを超えており、27日朝までに新潟県で1メートル、長野県で80センチ、関東北部や近畿60センチ、同じく中国地方で60センチ、東海で40センチ、東北と九州北部で30センチと予想されています。28日からは少し落ち着く見通しですが、それまで路面凍結や大雪による交通障害に警戒が必要だと言えるでしょう。

 

天気予報
https://weather.yahoo.co.jp/weather/?day=2

気象庁 天気情報
https://www.jma.go.jp/jp/g3/

東~西日本の日本海側中心 27日にかけ大雪に警戒を
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190126/k10011792001000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_010

東日本と西日本の日本海側を中心に断続的に雪が強まっています。太平洋側の平地や平野部でも雪が積もるおそれがあり、大雪や路面の凍結による車の立往生など、交通への影響に警戒が必要です。

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next
   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next