【注意】大分県の九重山で火山性地震が急増!24回の揺れを観測、2016年2月以来の回数 気象庁が注意喚起


九州地方の大分県にある九重山で火山性地震が急増しています。気象庁によると、硫黄山の北側2キロ付近で、3月28日0時から17時までの間に24回の火山性地震を観測したとのことです。
九重山の火山性地震が1日で20回を超えたのは2016年2月以来で、気象庁は今後の火山活動に注意するよう呼びかけています。

揺れの強さは住民が体で感じるほどに強かったと報告され、同日に福岡管区気象台が現地調査を実施。調査結果では硫黄山付近の地表面温度分布に大きな変化は見られず、現状の噴火予報(噴火警戒レベル1)を継続するとしていました。

 

九重山の火山活動解説資料
https://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/monthly_v-act_doc/fukuoka/19m03/201903281750_502.pdf

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next
   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    南海トラフ地震やばいかも

  • 匿名 より:

    数日前、日向灘で中規模の地震が続き、
    「南海トラフの前兆では」ネットでは話題になっていた。

    日向灘は地震がそもそも多いので、即→南海トラフとはならないが、
    九州地方での地震や火山活動は日本全国の大地震の予兆となる可能性がある。
    家族、職場ともども、要注意だ。
    (水、食料、生理用品、薬などを少し多めに備蓄しよう)

  • 匿名 より:

    2019年3月29日 10:10 AM
    2019年3月29日 8:53 AM
    確かに南海トラフ云々はともかくとしても、九州地方でまたマグニチュード7クラスの地震が起きるか、九州のどこかの火山が大噴火する前兆なのは間違いない。