新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

アメリカのINF条約破棄、ロシアが対抗措置でミサイル開発を再開!核軍縮の条約履行を停止!「米ソ冷戦の再来だ」

*INF条約
アメリカがINF(中距離核戦力全廃)条約の破棄を宣言した結果、世界情勢が米ソ冷戦時代に逆戻り状態となっています。

ロシアは条約を破棄したアメリカへの対抗措置として、条約で規制されていたミサイル開発を再開すると宣言。2月2日にロシアのプーチン大統領は「われわれは鏡のように同じ態度でのぞむ。アメリカが条約への参加を停止すると言うならロシアも停止する」と述べ、アメリカと同じように条約を破棄する方向で調整中だと明らかにしました。
更には追加の対抗措置として「極超音速兵器」を改良した新型の中距離ミサイルの開発を始めるとも発表し、大幅な軍備拡張も視野に入れて対応するとコメントしています。

事実上の核軍縮&ミサイル削減の破棄を表明した形で、ヨーロッパなどからは懸念する声が相次いでいました。トランプ大統領は「アメリカばかりが損をしているINF条約とは別の新しい枠組みが必要だ」などと述べ、何らかの新条約を模索するとしています。
今回の条約破棄によって情勢が米ソ冷戦時代に戻ったと言え、これからの世界は混迷の時代に突入することになりそうです。

 

“冷戦後最悪” INF全廃条約破棄で米ロの対立一層深まる
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190203/k10011801521000.html?utm_int=all_side_ranking-social_004

大国間のせめぎ合いが激しさを増しています。核軍縮条約、INF=中距離核ミサイルの全廃条約の破棄を通告したアメリカに対し、ロシアは対抗措置として条約で禁じられてきたミサイルの開発を始める方針を明らかにし、冷戦後最悪とも言われる両国の対立が一層深まっています。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!