ヘッドライン

ベネズエラ騒乱、マドゥーロ独裁への抗議デモが多発!21か国が人道支援を宣言!ローマ法王は仲裁検討 アメリカは軍隊派遣を視野


独裁者・マドゥーロ大統領に反発する動きがベネズエラ全土に拡大しています。先月に野党指導者のグアイド氏が大統領に就任すると表明したことを受けて、今までマドゥーロ大統領に抑圧されていた人々が全土で一斉に抗議デモを実施。数十万人の国民が参加して、マドゥーロ大統領の退陣を強く求めました。

合わせて中南米や欧米の21か国がカナダで緊急会合を開き、国際社会に対して直ちにベネズエラ国民への人道的支援を行うよう求める宣言を発表。既にアメリカは「グアイド氏を支持する」と表明しており、世界中を巻き込む形でベネズエラ情勢が複雑になってきています。

このような動きに対してローマ・カトリック教会のフランシスコ法王は、マドゥーロ大統領と反政府側の双方が求めれば仲裁に乗り出す考えを示しました。今の時点では大きな戦闘にはなっていませんが、マドゥーロ大統領の弾圧や独裁に激怒した民衆や軍が反乱を起こそうとして衝突寸前となっています。

一方で、アメリカのトランプ大統領は軍隊の派遣も検討中だとコメントし、一部では派遣に向けた準備も行われているところです。

現在のベネズエラはマドゥーロ大統領やその前の大統領の政策失敗によって、近代史上最悪とも言われているほどのハイパーインフレに突入。ベネズエラ紙幣の価値がゴミクズ同然となり、今でもパンを一個買うために数千枚の紙幣が必要な状態です。
ベネズエラの景気を再建することが出来なければ、今後もマドゥーロ大統領への不満は高まることになるでしょう。

↓マドゥーロ大統領への大規模な抗議デモ

 

ベネズエラ混乱で21か国が宣言 反政府側支援と人道支援求める
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190205/k10011803811000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

政治的な混乱が続く南米ベネズエラをめぐって、中南米や欧米の21か国がカナダで緊急会合を開き、反政府側のグアイド国会議長を暫定大統領として支援するとともに、国際社会に対して直ちにベネズエラ国民への人道的支援を行うよう求める宣言を発表しました。

ローマ法王 ベネズエラ混乱 “双方が求めれば仲裁も”
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190206/k10011805261000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_004

ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王は、政治的な混乱が続く南米ベネズエラのマドゥーロ大統領が反政府側との仲裁を要請したことについて、双方が求めれば仲裁に乗り出す考えを示しました。

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next

ヘッドライン

   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    ベネズエラの独裁者が米国民に直訴「トランプに攻撃させないで」
    ニューズウィーク日本版
    <ベネズエラに対する軍事力行使も検討しているとされるトランプ米政権に対し、マドゥロ大統領が恥も外聞も捨てアピール>

    ドナルド・トランプ米大統領が中米で戦争を始めるのを止めてほしい──大統領選の不正疑惑でベネズエラが政治危機に陥るなか、2期目の就任を宣言したニコラス・マドゥロはビデオメッセージで「アメリカの国民」にそう訴えた。

    1月30日にフェイスブックの自身のアカウントに投稿した動画で、マドゥロは自分を悪者扱いしているメディアを信用するな、とアメリカ人に警告。

    「ベネズエラで起きているのは『政権転覆』」の試みで、その背後でクーデーターを「仕掛け、資金を出し、積極的に支援したのはドナルド・トランプ政権にほかならない」という。

    昨年大統領選が行われたベネズエラでは1月10日、「勝利」したマドゥロが2期目の大統領就任式に臨んだが、経済を破綻させ、選挙で不正を行い、数々の人権抑圧を行ったとされるマドゥロ政権に国民の怒りが爆発。各地で抗議デモが頻発するなか、野党指導者のフアン・グアイド国会議長が1月23日、暫定大統領への就任を宣言した。米政府はグアイドを承認し、マドゥロ退陣を求めて圧力を強めている。これに反発したマドゥロは、ベネズエラでも、イラクやリビア、ベトナム戦争のような軍事紛争が起きるとアメリカ人に警告した。

    「アメリカがわが国に侵入する気なら、彼らの想像を超える厄介なベトナムが待ち受けている。暴力を許してはならない。ベネズエラが新たなベトナムと化すのを許すな」

    第2のベトナム戦争になる
    アメリカは1965年、北ベトナムの共産主義勢力から南ベトナムを守るために本格的な軍事介入を開始したが、「ベトコン」(南ベトナム解放人民戦線)のゲリラ攻撃に手を焼き、1973年に撤退を決定。1975年に戦争は終結し、ベトナムは社会主義国家として統一された。冷戦時代のアメリカは、ソ連の勢力拡大を防ぐためベトナム以外にも世界各地で介入や工作を行った。中南米の右派勢力にもテコ入れし、最近では2002年にマドゥロの前任者ウゴ・チャベスを倒すため、CIAがクーデターを計画したと伝えられている。

    だがトランプ政権がマドゥロを「正当性を欠いた」指導者と呼ぶのは、未曾有の経済危機に何らの手も打たず、反政府派を弾圧している疑いがあるからだ。ベネズエラでは年率百万%ともいわれるハイパーインフレが吹き荒れ、食料や医薬品も底を突き、国民は大挙して国外に逃げ出している。米政府はグアイド暫定大統領の承認に続き、ベネズエラの国営石油会社を経済制裁の対象に指定した。

    大統領選に出馬もしていなかったグアイドの正当性にも疑問符がつくが?

    マドゥロに言わせれば、この動きに米政府の真の狙いが透けて見える。「わが国に限らず、どこの国にも問題はある。わが国の問題はわれわれが解決する。わが国の石油資源は確認埋蔵量で世界最大だ。アメリカの石油帝国を率いる連中は、それを手に入れるため、イラクやリビアでやったのと同じことを企んでいる。だが、ベネズエラとマドゥロが大量破壊兵器を持っているという話をでっち上げて、介入の口実にするのは無理な相談だ」

    一方ロシアは昨年12月、核兵器を搭載できるロシアの超音速戦略爆撃機ツポレフTu160を演習のために2機、ベネズエラに派遣している。ロシアとマドゥロ政権の結束を示すための軍事的パフォーマンスだ。ロシアはベネズエラを西側世界に位置する貴重な橋頭堡とみなし、多額の信用供与を行い、マドゥロに対する米政府の締め付けを非難してきた。

  • アホ左翼 より:

    匿名
    2019年2月6日 8:11 PM

    ↑↑その「終わっているブログ」にわざわざ来てコメントするアンタも大概だけどなw

  • ; より:

    この前書いて拒否られましたが,もう一度似たようなことを書きます。
    ラテンアメリカ諸国で自主独立政権(米国とは距離を置く)ができる。
    USAは「経済的な嫌がらせ」をする。
    その国は経済的にしんどくなる。
    国民の不満は高まる。
    政権は取り締まりを強化せざるを得ない。
    「独裁だ!」とUSAが言い出す。
    何度も見たパターン。
    ;
    チリのアジェンデ政権のことをヤマダ氏は知らないのだろう。
    池上氏の著作を探しまくればいずれかの本のどこかに載ってますよ。

    • 管理人ヤマダ より:

      ベネズエラは全然違うから!
      その程度のこと全て知った上で書いているんですけど。
      あなた何様なんですかね。
      サダム・フセインは国民に慕われた独裁者だったが、マドゥーロは正真正銘のクズ独裁者です。
      自分でマドゥーロ政権の滅茶苦茶な政策を調べたら?
      記事でもあなたみたいな無知で思い込みが激しい人向けにハイパーインフレの説明も書いているんですけどね・・・

  • 匿名 より:

    まず間違いなく「反米」というだけでマドゥロを英雄扱いしている馬鹿左翼共がいるけど、ベネズエラ国民の生命や人権より自分の主義思想を優先しているあたり流石と言わざるを得ない。

  • 匿名 より:

    長々、ダラダラ引用しないで要点だけまとめたら? また管理人にコメント消されるよw

  • 匿名 より:

    長々と米国陰謀論とか的外れな事を書いても
    マドゥーロ独裁の理由にはならないし
    ベネズエラ国民の生命・生活を脅かして良い理由にはならない

  • 匿名 より:

    せっかくだから的外れなこと書くよw
    ベネズエラの現大統領のマドゥロのことは知らなかったけど、前大統領のチャベスは、当時ヤクルトスワローズのベネズエラ出身のペタジーニ選手の応援でお忍びで来日したりと気さくな人だったのかな、という印象があった。

    以上与太話w

  • 警告 より:

    >匿名
    >2019年2月6日 4:54 PM
    >匿名
    >2019年2月7日 1:04 AM
    >匿名
    >2019年2月7日 1:07 AM

    意地になってどっかからの引用コメント貼り付けているけど、そもそも「貼り付けコメントやスパムは削除致します」だからねw

  • 匿名 より:

    残念ながらチャベス前大統領の人柄と国政を担うための経済知識は全然違うベクトルの話なんよ・・・
    逆を言えば、マドゥーロがどんな独裁暴君であろうと経済音痴でなければ国民を飢えさせる事がなければまだ救いはあった。
    日本国内も同様で、経済音痴というのがどれだけ国民を殺すのかを民主政権で理解したからこそ現状の野党支持率低迷に繋がってるんよ。

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next