ヘッドライン

安倍晋三首相と沖縄県の玉城デニー知事が面会!県民投票の結果&辺野古基地反対を通達、安倍首相は方針変えず

*官邸
3月1日に安倍総理が総理大臣官邸で沖縄県の玉城デニー知事と面会しました。玉城デニー知事は先月の県民投票の結果を通達すると同時に、改めて沖縄県は辺野古基地の建設に反対だと言及。
安倍政権に対して辺野古基地の埋め立て工事中止と、沖縄県の米軍基地を縮小するように求めました。

要請を受けた安倍首相は具体的な言及は避け、県民投票を受け止めながらも辺野古基地の工事は現状維持するとしています。県民投票の結果が出ても安倍政権の方針が変わらないことが明確になったと言え、辺野古基地を巡る沖縄県と政府の対立は引き続き長引くことになりそうです。

 

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next
   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    発狂する

  • 米政府は沖縄から撤退したいのが本音 より:

    さすが愛国者の安倍ちゃん
    辺野古だと難工事でいつ終わるか
    分からないんでしょ?
    拉致と同じ商法ね

  • 匿名 より:

    湯水のごとく、ゼネコンに遅延損害金を補償し続けるのみ
    反対派に対抗する警備員は日当9万円の計算だって
    中抜きしているんでしょ

  • 匿名 より:

    >反対派に対抗する警備員は日当9万円の計算だって
    日当を見て心が動いた人が結構いそう。

  • 匿名 より:

    日当9万ならやってみようかな。
    別に何もしないで、スパイ活動的に動くけど。

  • 匿名 より:

    「私が国家」発言をした安倍。
    頭がイッチャッテるおっさんは、早々に退場を。

  • 匿名 より:

    〉湯水のごとく、ゼネコンに遅延損害金を補償し続けるのみ
    〉反対派に対抗する警備員は日当9万円の計算だって
    辺野古をキャンセルしても、どこも受け入れてくれないから(辺野古と同じ活動が起きる)、普天間が固定化するし、普天間の移設を約束してるから政府は移設先を再度選定しないといけないのでそれまた凄くお金がかかる。辺野古を断行した場合とのコスト比較はしたほうがいいだろう。辺野古よりコストは大きいと思う。何度も繰り返すだろうし。
    普天間移設断念して、基地縮小の声を上げ続けるのが最もコストが安い。もちろん基地の危険性を無視すればの話だが。
    日米協定じゃなければ、民主党政権下でなんとかなったかもしれないが、無理だと証明されてる。
    辺野古反対の人はどこまで想定してるのか気にはなる。

  • 匿名 より:

    福島で働く原発処理してる人は、まさに日本のクズ底辺バカの集まりと言える。
    安く使えるカスの労働者扱い
    これが自民党の安倍政権。

  • q より:

    >福島で働く原発処理してる人は、まさに日本のクズ底辺バカの集まりと言える。

    原発労働者に対して労をねぎらうどころか、「日本のクズ底辺バカ」などとそのような大口を叩くとはあんたは何様のつもりだ?
    安全なところからフガフガコメント垂れている暇があったら感謝の一言でも口にしたらどうだい?

  • 匿名 より:

    >9:24 PM 
    ニュースサイトのコメント欄に
    寄生する自民党支持者と同レベルの浅はかさ、稚拙さですな。

  • 匿名 より:

    スレ違いだから少しだけ書くけど、いくら「あの」東電と言えども、原発廃炉に従事する作業員に対しては本来侮辱してはいけないんだよね。危険な作業をしているのは現場なのだから。東電に呈する怒りは経営陣に向けられてこそ、だと思うのよね。

  • 匿名 より:

    そして玉城は中国を詣でるのであった

  • 匿名 より:

    憲法に従おうとする意志が全くない安倍晋三。

    完全なる主権者国民に対する反逆者である。

  • 匿名 より:

    辺野古は多分、使われない。
    軟弱地盤上の基地をアメリカは拒否するだろうし
    安倍だってそんな不完全な基地をアメリカ様に差し出したりできないだろう
    俺が恐れているのは
    辺野古の海を台無しにした挙句に、安倍が薄笑いを浮かべながら
    「せっかく埋め立てたけど無駄だった、仕方ない、『沖縄県内の』別の海をまた埋め立てます。」
    って言い出すことだ。
    てか、このままだと絶対、奴はそうする。
    もはや沖縄イジメが目的化している。

  • 匿名 より:


    埋め立てが半年くらいで終わる想定かな?何年、安倍政権が続く想定?
    絶対とか安直に使わない方がいいよ。

  • 匿名 より:

    辺野古埋め立てには少なくとも13年はかかるってよ。
    玉城「辺野古は中止を」
    アヘ「沖縄に寄り添い、普天間の危険性を除去」
    さすが成蹊大学法学部裏口卒業のアヘ w
    朕は国家なり、を地でいく日本語力。
    小池百合子のダニーさんに向けられた侮辱の言葉、
    「ニホンゴ、ワカリマス〜?」
    は、アヘに言うべきでしょう。
    なお、辺野古の滑走路が短いため、米軍は普天間を返還しないと言っています。
    だから
    「普天間の危険性を除去するために辺野古に代替」
    という言い分自体がウソです。

  • 名無し より:

    3月2日 1:55 AM氏の指摘通りで辺野古が完成しても普天間は返還されない。
    これは反対派の戯言でもなんでもなくて、2017年6月に当時の、総理一押しの稲田朋美防衛相が「前提条件が整わなければ、(普天間)返還とはならない」と国会で答弁してるぐらいだからね。8つの条件があり、約1800mのV字型滑走路とか短くてこの時点でダメだから
    米海兵隊がまとめた「戦略展望2025」に「最大で51%もの使用不可能な北部訓練場を日本政府に返還し、新たな訓練場の新設などで~」の記述があり、この計画の中での辺野古ではという指摘もある。
    本当に普天間の危険除去というなら、現時点でも時間帯や飛行コースなど政府が米に働きかけられることはいくらでもある。昨日も野党から窓枠ごと学校のグラウンドに落下したりしてるのに地位協定の改善は?とかやってたけど、一切動いた試しがない。現状には無視を決め込んでおいて危険性除去とはどの口で言う、あっアベちゃんの口で言うのか、昨日も辺野古移設で普天間は必ず返還されますと相変わらずの裏付けなしの言いっぱなし、
    利権イノチの残念過ぎる安倍氏とその仲間たちなのであった。

  • 匿名 より:

    自衛隊のポスター「パンツじゃないから恥ずかしくないモン」・・・「ストライクウィッチーズ」で批判の記事、まだぁ?(笑)

  • 匿名 より:

    〉昨日も野党から窓枠ごと学校のグラウンドに落下したりしてるのに地位協定の改善は?とかやってたけど、一切動いた試しがない。
    だから、まず憲法9条を捨てて、軍を持てるようにしなきゃと思うのだが。
    アメリカの言いなりの原因を解消すべき。

  • ロハスな人 より:

    2019年3月1日 9:22 PMさん>
    辺野古反対の人はどこまで想定してるのか気にはなる。>
     『米軍基地の75%が沖縄にある』という非常に不公正な状況を許すというのは民主主義国家では問題外です。
     うまい具合に『元米軍高官が(辺野古へ移動予定の)海兵隊が沖縄にいる戦略的な意味がない』と明言しています。
     したがって、『住民の意思を汲む』と同時に『戦略的な視点』からも『普天間の海兵隊は本土へ帰っていただく』のが妥当でしょう。
    ※兵器の高度化が進む中、米軍内でも海兵隊自体が『リストラ候補』に挙がっています。シリアやアフガニスタンなど『必要のない場所』から撤退する戦略をトランプ政権は取っているのそれに乗るのが妥当でしょう。
    ◎『  【重大証言】元米軍高官、「沖縄海兵隊は戦略的必要性ない」と明言!辺野古基地建設も「馬鹿げている」と強調!「海兵隊駐留はお金の節約のため」
    2018年12月24日 ゆるねとにゅーす 』
    ○「戦略的必要性ない」 在沖海兵隊に元米軍高官言及 90年代分析 日本の経費負担好都合
     【ワシントン=座波幸代本紙特派員】ブッシュ(子)政権で、パウエル米国務長官の首席補佐官を務めたローレンス・ウィルカーソン元陸軍大佐は19日までに本紙のインタビューに応じた。同氏は1990年代初頭に米海兵隊大学校(バージニア州)の責任者を務めていた際に、冷戦終結に伴う米国内外の米軍基地再編・閉鎖に関する調査研究などを分析した。その結果、日本政府が多額の駐留経費を負担する在沖海兵隊はカリフォルニア州での経費より米側の負担は50~60%安く済むと指摘。「沖縄の海兵隊駐留に正当な戦略上の必要性はないことが示された。(駐留は)全てお金と海兵隊の兵力維持のためだった」と明らかにした。
     米軍の元高官が、沖縄の海兵隊駐留に戦略的な必要性はないと発言するのは異例。

  • 匿名 より:

    >したがって、『住民の意思を汲む』と同時に『戦略的な視点』からも『普天間の海兵隊は本土へ帰っていただく』のが妥当でしょう。
    元付きの高官一人の発言で基地問題を片付けようなんて片腹痛い。
    国政で決めるような重要事項を、そんなどこの馬の骨とも分からん人の発言持ってきてドヤ顔されても困る。
    大統領発言とか国務長官、国防長官レベルの発言を根拠にしてほしい。
    立憲民主党の現党首の過去の発言で「辺野古移設は国家間合意。対応してく」と言ってるように、とりあえずは合意事項は履行すべき。
    要求を上乗せするのはどうかと思うけどね。
    先に進めないよ。

  • ロハスな人 より:

     工期を13年もかけて『使えるかどうかわからない基地』を引き渡すことが『アメリカとの約束を果たすこと』になると思っておられる方が(政府内にも)おられるようですね。(苦笑)
     また、『過去二度も海兵隊を引き上げることを検討した(その度に日本が引きとめた)』ことからも少なくともアメリカは『海兵隊を抑止力として重視していない』ことは明白でしょう。
     なお、『政府高官』が例えばラブロフ外相が『経済制裁を解除しないと真の友好国とはなりえない』とか、『イージスアショアは脅威である』とか明言されたら『すぐに対応しないとまずい(少なくとも平和条約締結はおぼつかない)』事態であると思われます。海兵隊が移設場所がどこになるかは『アメリカにとっては重要問題ではなかった』ので、今までは『日本が滞在費を負担』してくれることもあり、あまり言及しなかったのでしょう。
     しかし、『ロシアまでが辺野古問題は非民主的』とコメント(しかも『プーチン大統領』)するように国際的に注目を浴びるようになってきた現状では…トランプ氏も『ホワイトハウス署名』に絡めて『辛口のコメント』が来るかもしれないですね。
     ◎『 安倍政権の急所突く プーチン「辺野古問題」に言及の衝撃
    「日本は本当に主権国家なのか」――。【日刊ゲンダイ 2018.12.20.】』
    ○ ロシアのプーチン大統領から仰天発言が飛び出した。20日に開いた年末恒例の大規模記者会見で、北方領土を日本に返した場合に米軍基地が置かれる可能性について、「日本が決められるのか、日本がどの程度主権を持っているのか分からない」と指摘したのだ。
     驚いたのはその先で、基地問題で主権を行使できていない実例として、ナント、米軍普天間飛行場の辺野古移設についてこう言及した。
     「知事が基地拡大に反対しているが、(日本政府は)何もできない。人々が撤去を求めているのに、基地は強化される。みんなが反対しているのに計画が進んでいる」

  • 匿名 より:

    >工期を13年もかけて『使えるかどうかわからない基地』を引き渡すことが『アメリカとの約束を果たすこと』になると思っておられる方が(政府内にも)おられるようですね。(苦笑)
    合意履行に努力しているかどうかが重要なので工期は仕方ない。普天間基地が残るので日米ともに現状維持で良いと考えているんじゃないか。問題は普天間周辺の住民だが、現状20年移設できていないし、これから13年以上移設できない。
    基地はアメリカにとっては不要かもしれないが、それはアメリカさんの都合だしな。
    前にも書いたがアメリカは都合付くなら日本から撤退してもいいと思ってるんじゃないかな。日本は自国で国防しろ、核の傘だけ貸すから、武器はアメリカから買えってね。そっちのほうが日本にとって悪いシナリオだ。
    国防なんだし批判してる野党がどう考えてるのか示さないと、政権争いのネタ程度の扱いならどっちが悪人か分かんないや。

  • 匿名 より:

    結果文書、安倍晋三は受け取って早々、ハイハイって感じで脇の台に片手でバンッって置いてた。
    ばっちいもの受け取っちゃった、くらいの感覚なんだろうな。

  • ロハスな人 より:

     13年の工期と2兆5500億円の予算をかけて『使えない基地をアメリカにプレゼント』…それを『いらないというのはアメリカの都合で我々は約束を履行するだけ』みたいな『不思議ちゃんコメント』をされる方がおられますが、もしかして、安倍政権もそんな『お約束教信者』なのでしょうか…。
     『尖閣の地下資源は大したことがない(1970年代の推計から『1/30』に大幅に減りました)』ことがわかっているのですから、メンツの問題だけで中国が多大な犠牲を払って尖閣諸島を取りに来る可能性は少ないので、島嶼再占領くらいにしか使えない海兵隊はとっとと本国に帰ってもらえば済む話です。なお、『島嶼防衛は海兵隊の任務外』ですが…。 
    ※私は別に『すぐに全ての米軍に引き上げてもらえ』とは言ってません。どう見ても役立たずの海兵隊には帰ってもらえとコメントしているだけですが、(翁長前知事も玉城知事も『全ての米軍に引き上げてもらえ』と言ってません。あくまで『辺野古への移設はやめてくれ』と言ってます。)『曲解してごまかそうとする』方たちがおられますね。(苦笑)
    ◎『 辺野古移設は日本の利権の話 米軍の要請ではなく国防無関係
    NEWSポストセブン 』 
    ○自衛隊幹部OBがいう。
    「辺野古基地に駐留するのは海兵隊。海兵隊は敵地の海岸へ強行上陸するための部隊で、
    国土を防衛する目的もなければ、能力もない。国防の喫緊の課題である尖閣諸島など島嶼部防衛にも役に立たない」
     そもそも小泉政権時代に決められた在日米軍の再編合意書には、島嶼部への侵略に対処するのは日本、
    つまり自衛隊の責任であることが明記されている。
    ○「米軍は海兵隊をグアムに移転させるロードマップを描いていたが、小泉政権時に“沖縄にいてほしい”と辺野古移設を提案した経緯がある。
    小泉首相は政権幹部が辺野古は環境へのダメージが大きいので止めるべきだと進言すると、“二度とその話をするな”と一喝した。
    そもそも、辺野古移設は日本側の利権の話であって、米軍側の要請でもなければ、国防とも関係がない」(当時の官邸スタッフ)

  • 匿名 より:

    〉ロハスの人
    アメリカが正式に辺野古を拒否してるなら日本も動くだろうが、辺野古が唯一でアメリカも合意してるだろ。移らないと決めつけるのは早計では?そういうのを許さないためにも、日本は合意を守るべきだと思うよ。
    政治って約束事を如何に取り付けるか、では?選挙で勝った!じゃなくて、どんな約束をしたかが重要。
    約束事信者と批判するなら選挙公約もマニュフェストもアジェンダも意味をなさない。まぁ、守られることはあまりないが、努力義務だよね。
    自民党のFTA関連で批判するだろ?約束を破った民主党や沖縄県の自民党は壊滅的被害を受けたし、それが他国アメリカとの他国間合意ならなおさら履行努力はしなきゃ駄目だよ。形はどうあれ。
    合意に条件を後から上乗せしたり、覆したりしたら合意自体に意味がなくなるし、協議すら無駄になる。韓国みたいに協議の場すら放棄されても仕方ない。
    リスク承知でやるなら、それは国政選挙で決めるべきだよ。次の選挙の争点の一つにすればいい。
    日本国民が辺野古移設を容認している、となれば民主主義も成り立つ。

  • 匿名 より:

    人間の屑安倍晋三を許さない

  • ロハスな人 より:

     アメリカが『辺野古でなければならない』と言っているならまだしも、『日本が辺野古がいいというから辺野古でいいよ』と言っているだけなのに、『約束が!!』とは不思議コメントを繰り返されるのですね。(苦笑)
     辺野古基地が『完成しそうにない』なら適切な代案を話し合うのが『ビジネスなら常識以前』だと思うのですが、『辺野古でなければならない』と言っている人たちはまともにビジネスに従事されたことが無いのでしょうか…。
     『双方が納得できる代案を提示』できれば、結果的に約束を守ることになることも『ビジネスでは常識以前』の話だと思いますが…。
     アメリカは『(戦力として重要視していない)海兵隊はひきあげてもいい』と二度も言ってきたのを『無理やり引き留めたのは日本』ですからね…。全く意味がわかりません。
     トランプ政権は『展開する必要のない米軍の引き上げを公約』にしているのですから、それに乗ってあげることも『双方ともにウィンウィンの関係』でいいのではないでしょうか♪

  • 匿名 より:

    あべちょんが利権で作ってたんまり儲けたらしい
    租界・下関の長州出島あたりに移転したら
    すぐに終わるだろう

    そんな何十年工事かかるかわからないのにーーーー
    下関の人も特需で喜ぶだろ

  • 匿名 より:

    ↑小沢さんが岩手県を候補に挙げて当選したらぐうの音も出ないが、それはしない。それと同じ。岩手じゃなくて、どこでもいいけど。
    辺野古反対してる野党は具体的にどうするつもりなんだ?
    民主党時代を経験してる枝野さんは具体的な対案を示せそうだが。ロハスの人のように合意を反故にして普天間無条件返還を求めるのか、最低でも県外をまた訴えるのか…
    与党は辺野古が唯一を断言してるから、野党に期待するしかないだろ。

  • ロハスな人 より:

     日本政府が『辺野古しかない』と不可能な基地建設に突っ走る理由はもしかしたら、『アメリカに基地の場所を要求されたら断れない』日米地位協定に対して『過剰反応をしている』のかもしれませんね。(苦笑)
     それもこれからの『ホワイトハウスへの辺野古反対署名』へのトランプ大統領の返答により確かめられると思いますが…。
    (※すでに返答があることは確定しており、トランプ大統領の都合で『一番適切なタイミング』で返答されると思われます。)
    ◎『 なぜ日本はアメリカの「いいなり」なのか?知ってはいけないウラの掟 内閣改造でも絶対に変わらないこと 矢部 宏治 gendai.ismedia. より』
    (前略)
     なぜなら、外務省がつくった高級官僚向けの極秘マニュアル(「日米地位協定の考え方 増補版」1983年12月)のなかに、
    ○ アメリカは日本国内のどんな場所でも基地にしたいと要求することができる。
    ○ 日本は合理的な理由なしにその要求を拒否することはできず、現実に提供が困難な場合以外、アメリカの要求に同意しないケースは想定されていない。
    という見解が、明確に書かれているからです。

  • 匿名 より:

    〉ロハスな人
    安倍首相がはしごを外される想定で楽観視しているが、日本が2兆円の工事を進める意思がある中で、ビジネス屋のトランプ氏が辺野古以外を示すとは到底思えない。
    辺野古が唯一で合意している、と回答した場合を想定したほうがいいと思うけどね。
    やっぱり国政選挙で争点化させるためにも各野党は代替案を示すべき。曖昧にすると民主党の二の舞だ。

  • ロハスな人 より:

    2019年3月3日 11:19 PMさん>
    ビジネス屋のトランプ氏が辺野古以外を示すとは到底思えない。>、
     ホワイトハウス署名に対してトランプ大統領は『形式的に適当な返事』をすることもできたはずです。
     しかし、実際は署名期間を延長し、結果的に(署名もさらに増え)?『住民の意思を尊重して辺野古は中止する』と言いやすい環境を作りました。
     ブレーンを含めてトランプ政権は極めて頭がいいですから、『意図して辺野古移設に反対できるカードを作った』と見た方がいいでしょう。
     トランプ氏には『辺野古にするメリットがない』ですから、ビジネス屋であるがゆえに『世界中からの辺野古移設の強行に対する悪評』を気にして、今の流れだと『潰れる可能性の高い辺野古移設』に対して反対した方がメリットが大きいと推察します。
     とは言え、おっしゃるように各野党も『適切な代案を提示した方がさらにいい』とは思います。
     安倍政権は『今までやったことのない難工事』を『実績のある工法で工事は可能』とデタラメを言ってますから、そのあたりもうまく突くといいでしょう。
    ◎『辺野古軟弱地盤工事について総理、防衛相から繰り返される「実績のある工法で工事は可能」との答弁。その根拠となる、ボーリング調査結果報告書と工事検討結果報告書の提出を防衛省は拒否している。(BY森ゆうこ議員)』

  • 匿名 より:

    〉ブレーンを含めてトランプ政権は極めて頭がいいですから、『意図して辺野古移設に反対できるカードを作った』と見た方がいいでしょう。
    それってアメリカにとって都合がいい選択肢ということでしょ?アメリカが得をする選択肢を与えている状況は喜べるものじゃないけどね。
    仮に辺野古がキャンセルされたとしても、それは2兆円を超える損失を覚悟したほうがいいんじゃないかな。Win-Winなんて期待するほうがおかしい。
    ロシア然りだけど、辺野古問題が他国に利用されてる状況を嬉々として取り上げられると、何を求めてるのか分かんなくなるよ。

  • ロハスな人 より:

    辺野古問題が他国に利用されてる状況を嬉々として取り上げられると>
     非常に残念な話ですが、嬉々として取り上げているというより、『安倍政権のあまりの外交の下手さ加減にやけくそになって事実を取り上げている』という状況です。
     辺野古問題にしてもイージスアショア問題にしても『外交上の失策にしかならない』ようにしか持っていけない安倍政権は一日も早く終了していただかないと『海外から喰い物にされるだけ』だと国民はしっかり認識する必要があります。
     ※日露平和条約締結がいかに難題だったとはいえ、膨大な金額を貢ぎながら、『交渉が全く進展しない』とかどれだけ外交無能なのかという話です。
     まもなく始まる『日米TAG(FTA)交渉』は始まる前から『完敗が予測』され、極めて頭の痛い状況ですが、さらにアメリカ側は『TPPや日欧EPAの締結で結果的にアメリカ農産物の日本への輸出が減った』ため、交渉を早く、しかも強烈に行うつもりなのは明白です。
     『外圧によって日本が変わるのを期待する』のは甚だ不本意ですが、『日米TAG(FTA)交渉』の進展によって、日本の農畜産業や輸出産業が大打撃を喰らうことが『参議院選挙前に明らか』になることで、安倍政権は終了すると予測します。

  • 匿名 より:

    そうだったとしても、「野党なら上手くやれる」なんて思う人がどれほどいるだろうか。
    結局野党連合も作れない、自民党も倒せないようでは海外に通用するとは思えない。
    野党連合なんてやられても対米政策も異なるのに、反安倍で組まれても困る。
    野党連合するなら普天間、辺野古の対応は明確にしてほしい。もっと色々明確にしないといけないが、次の選挙までにできるのか…
    負ける前提で批判ばかりなら、足引っ張ってるだけにしか見えない。

  • ロハスな人 より:

    2019年3月4日 10:32 PMさん>
    そうだったとしても、「野党なら上手くやれる」なんて思う人がどれほどいるだろうか。 >
    仮に野党や自民党から分かれた人達が組んでもどこまでいけるかはわかりませんが、今のまま安倍政権で行ったら『破滅する未来』しか見えません。
     あれだけすがりついたのにトランプ政権は安倍政権に配慮する気はゼロで、日米TAG(FTA)でアメリカに有利な条件を徹底的に引き出す気が満々です。
     トランプ政権が本気で取り組んでいる米朝交渉の今回の失敗を安倍政権が喜んでいるのですから、『日米TAG(FTA)の結果、安倍政権が潰れても構わない…(あるいは潰す気かもしれません)』と思っています。
     その『トランプ政権のため(という口実)』で辺野古移設を強行する安倍政権は世界中からピエロにしか見えないと思います。
     与野党の良識派を集めて『安倍政権を一刻も早く叩き潰す』のは日本再生の必須条件だと思います。
    『 日本農業新聞
    安倍農政にカンカンだ。
    このまま春の党一地方選、夏の衆参同日選になだれ込む。
    安倍は日米交渉は夏の選挙後だと思ってたんだろ。
    選挙後ならどんなめちゃくちゃな合意でも通せると思って。
    そうはいかんのよ。
    ライトハイザーは選挙前に来るのよ。
         (経済アナリスト藤原直哉氏ツイッターより)
    (※強敵中国を相手に『為替操作国と名指し』し、『自動車関税25%を強行する姿勢も示して』ますから、日本にそれを行わないわけがないのです。)』
    ◎『 対日交渉で米国 農畜産物・車に照準 牛・豚肉開放圧力も USTR報告書 (日本農業新聞より) 』 
     米国通商代表部(USTR)は1日、トランプ政権の通商政策の方針を示した年次報告書を公表した。2019年の主要課題の一つに日本との貿易協定交渉を挙げ、自動車や農畜産物の市場開放を目指す姿勢を示した。米国では政治力のある食肉団体が早期の協定締結を強く求めており、対日輸出額が大きい牛肉や豚肉などを中心に市場開放を迫ることが懸念される。
     年次報告書はトランプ政権下で3回目。米国の食肉などの農業団体が意見募集や公聴会で、環太平洋連携協定(TPP)や日欧経済連携協定(EPA)の発効で米国が不利になるとして早期の交渉入りと妥結を求めていることを受け、「主要な競争相手国は日本との自由貿易協定(FTA)を結び、米国の輸出産業に対する価格競争力を強めている」と指摘。対日交渉で農業分野を照準に据え、貿易赤字の削減を目指す方針を改めて示した。

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next