新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

GWの10連休問題、ATMは現金量3割増などで対応へ!受診可能な医療機関のリストも公開 現金不足や医薬品不足の懸念


今年のゴールデンウイークは異例の10連休となりますが、政府は10連休に備えて金融機関や医療機関に対応を強化するように呼び掛けています。

金融機関では10連休によってATM(現金自動預払機)の現金が不足する可能性が浮上し、連休期間中の現金準備量を1日あたり3割増やすなどの対応を実施。医療機関も復数の病院を受診可能な状態にしておくとして、連休前までに全47都道府県分が公表される見通しとなっています。

特に医薬品不足は患者の命に直結する問題だけに、政府も強く警戒しているところです。

 

政府、10連休対応を更新 ATMの現金量3割増も
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190416-00000140-kyodonews-pol

政府は16日、皇位継承に伴う27日からの10連休による生活への影響を防ぐ対策の最新状況を公表した。金融機関の現金自動預払機(ATM)は、例年の大型連休に比べて現金の準備量を1日当たり3割増やすなどの対応を取る。受診可能な医療機関をまとめたリストは、連休前までに全47都道府県分が公表される見通しとなった。


●以下、ネットの反応


●管理人コメント
今年は異例の10連休ということで、医療機関や金融機関、役所関係は全部閉まっている可能性があります。医療機関も使えるのは一部だけなので、通っている病院がある人は今から確認しておくのが良いと言えるでしょう。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!