新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

山本太郎議員の「れいわ新選組」、ツイッターが一時ロック状態に!原因は単語の「自殺」 自動感知システムの誤認か

*れいわ新選組
山本太郎議員の新党「れいわ新選組」の公式ツイッターが一時ロック状態になり、ツイートが出来ない状態になっていました。

山本太郎議員によると、先日にツイッターが「自殺や自傷行為を助長または推奨することを禁止するルールに違反」としてれいわ新選のツイッターを一時ロック状態にしたとのことです。

原因は数日前に投稿された山本太郎議員の演説動画で、「15歳から39歳くらいまでの間の死因の1位自殺ですって」「『自分は生きてていいのか?』って生きててくれよ。死にたくなるような世の中やめたいんですよ」などと発言した場面が自殺賛美と認定されたからだと見られています。

その後に山本太郎議員は異議申し立てを行い、5月24日付でロック状態が解除となりました。

ツイッターやフェイスブックのような大手SNSでは相次ぐ自殺騒動を受けて、数年前から自殺予防を強化しています。
行政の要請もあり、最近は「自殺」という単語に厳しい制限を掛けていたことから、山本太郎議員の発言が「自殺賛美」と誤認された可能性が高いです。

大手SNSだと検閲作業はほぼ全て人工知能(AI)やコンピューターに委託しているため、このような無差別制限や規制みたいなことは一般人の間でも増加。
そのため、今回の事例は政治的な圧力などは考え難く、ツイッター側のガバガバAIが原因で発生したトラブルだと思われます。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!