新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

福島第一原発、致命的なミスで排気筒解体を中止に!東電「クレーンの高さが足りなかった」「仕様の確認不足」


福島第一原発で今月20日に予定されていた排気筒の解体工事が中止となりました。解体工事を行う予定だったのは、1号機と2号機の建屋に隣接している高さ120メートルの排気筒で、東電が準備していたクレーンの高さ不足から工事が延期になったと発表されています。

東電は今月11日に模擬の解体装置をクレーンでつるして確認したところ、クレーンが必要な高さよりも1.6メートルほど足りないことが発覚。これにより解体工事は延期が決まり、今も排気筒を解体する作業を始める見通しは立っていません。

今回の解体工事延期について東電は「思い込みがあってクレーンの仕様をしっかり確認していなかった」とコメントし、クレーンの仕様の確認が不十分だったとしています。
2011年の福島第一原発事故直後から東電は何度もトラブルを起こしているだけに、今回のトラブルには「いい加減に国営化しろ」「東電を解体するべき」などと怒りの声が相次いでいました。


東電解体工事説明より

 

福島第一原発 排気筒解体 クレーン高さ不足は確認不十分のため
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190523/k10011926661000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002

東京電力福島第一原子力発電所の高さ120メートルの排気筒の解体で、クレーンの高さが足りなかったことについて、東京電力は、クレーンの仕様の確認が不十分だったためと発表しました。作業を始める見通しは立っていないということです。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!