ヘッドライン

【西日本豪雨】約67万人に避難勧告、鹿児島市だけで約42万人!神之川が氾濫危険水位に!気象庁が厳重警戒呼び掛け


6月30日から続いている豪雨の影響で、避難勧告が拡大しています。

7月1日早朝の時点で鹿児島県と熊本県、宮崎県、愛媛県の計30万世帯余り、約67万人を対象にして「避難勧告」が発表されました。同時に「避難準備の情報」も合わせて約23万6000世帯の約52万人に出ています。

特に鹿児島市の対象人数が約42万人と非常に多く、鹿児島県内の神之川では氾濫危険水位に到達。地元気象台やNHKは避難の情報に注意し、安全を確保するように呼び掛けています。

7月1日も前線が西日本に停滞する見通しで、場所によっては7月2日朝まで大雨が継続する見通しです。土砂災害も増える恐れがあり、今後も引き続き西日本の広い範囲で避難情報や気象台の情報に注意が必要だと言えるでしょう。

 

鹿児島中心に非常に激しい雨 土砂災害や川の氾濫に厳重警戒を
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190701/k10011976661000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

活発な前線の影響で、鹿児島県を中心に発達した雨雲が次々とかかって非常に激しい雨が降り、土砂災害や川の氾濫の危険性が非常に高くなっているところがあります。1日も九州を中心に局地的に非常に激しい雨が降り続くおそれがあり、土砂災害や川の氾濫、低い土地の浸水に厳重な警戒が必要です。

鹿児島 熊本 宮崎 愛媛で約67万人に避難勧告(4時半現在)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190701/k10011976721000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002

各自治体が発表している1日午前4時半現在の避難に関する情報です。鹿児島県と熊本県、宮崎県、それに愛媛県の合わせて30万世帯余り、およそ67万人に「避難勧告」が出ています。また、「避難準備の情報」が、合わせておよそ23万6000世帯、およそ52万人に出ています。

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next
   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    今朝のワイドショーでも、主に熊本の浸水の様子を伝えていました。
    127ヘクタールの公園が水に浸かってしまったとか・・・
    127ヘクタールって、どのくらいの広さなのか、ピンと来ないが、大変な事態らしい。
    阿蘇一帯は、阿蘇山噴火による堆積物土壌で、地質がもろい。
    だから大雨ー浸水ー山の斜面崩落(死者多数)、地震ー山の崩落(死者多数)、また大雨→きっとまた山が崩落?・・・
    と、災害続きで本当に気の毒だ。
    早めの避難で命を守ってください。
    .
    なお、今回はG20直後ということもあるのか、
    # 酒飲んでワァー
    は無かった模様。

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next