新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【注意】西日本で災害級の大豪雨、熊本と愛媛で22万人に避難勧告!追加で100ミリ超の大雨も!


西日本に記録的な大豪雨が襲来しています。

気象庁によると、6月30日夕方時点で熊本県と愛媛県の合わせて9万3000世帯、22万人余りを対象に「避難勧告」を発表しているとのことです。一部では避難指示が出ている場所もあり、これから夜にかけて範囲が拡大することになると予想されています。

九州ではこの24時間に降った雨の量が250ミリを超え、7月1日昼ごろまで大雨が続く見通しです。熊本県の広い範囲で土砂災害の危険性が非常に高くなっているとして「土砂災害警戒情報」が発表されています。
今後の予報だと、九州地方や四国地方、近畿地方で150ミリ以上の大雨が予想され、明日の夕方まで荒れた天気になる可能性が高いです。

大雨のエリアにお住まいの方は自治体の情報に注意しながら、早めに避難が出来るように備えておきましょう。

 

気象庁
https://www.jma.go.jp/jma/index.html

避難まとめ18時現在 熊本と愛媛の約9万3000世帯に避難勧告
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190630/k10011976331000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_004

各自治体が発表している30日午後6現在の避難に関する情報です。熊本県と愛媛県の合わせておよそ9万3000世帯、22万人余りに「避難勧告」が出ています。
「避難勧告」と「避難指示」は大雨の5段階の警戒レベルのうちレベル4にあたる情報です。

あす昼ごろにかけ九州など雨量さらに増える 事態悪化前に避難
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190630/k10011976321000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_005

活発な前線の影響で、九州では、この24時間に降った雨の量が250ミリを超え、大雨となっている地域があります。暖かく湿った空気の流れ込みが強まるため、これから1日の昼ごろにかけて、九州を中心に雨の量がさらに増える見込みで、土砂災害や川の氾濫などに警戒し、事態が悪化する前に、早めに避難するようにしてください。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!