ヘッドライン

【悲報】博士号取得者が主要7カ国の中で日本だけ減少!文部科学省も研究力低下を懸念

*東大
主要7カ国の中で日本だけ博士号の取得者が減っていることが分かりました。

日本の大学で博士号を取得した人数は1万5040人で、人口100万人当たりでは118人となり、10年前ほど前から減少傾向が強まっています。

NHKの記事によると、主要7カ国の中でイギリスの360人が最も多く、360人で、続いてドイツの356人と、どちらも日本の3倍余りに増えているとのことです。日本だけが顕著に増えていないことから、日本全体で研究力が低下していると見られ、文部科学省からも懸念の声が出ていると報じられています。

このような流れに科学技術・学術政策研究所は「海外では博士号を取得する前から給料をもらいながら研究するシステムが整っているが、日本ではそうした取り組みが少ないことが影響しているとみられる」とコメントし、ネット上でも日本の将来を不安視する声が相次いでいました。
日本はここ10年ほどで大学の研究費なども削減していることから、その影響が今になって表面化してきた可能性もありそうです。

改善するためには研究機関や大学への支援を増やすと同時に、博士号を取得するために働く環境を国が率先して整える必要があると言えるでしょう。

 

学位取得者の国際比較
https://www.nistep.go.jp/sti_indicator/2016/RM251_34.html


人口100万人当たりの学士号取得者数を見ると(図表3-4-1)、日本は2015年度で4,438人である。最新年の値が最も多い国は英国で6,338人、次いで韓国(5,974人)、米国(5,862人)が多い。一方、ドイツ、フランス、中国の最新年は日本よりも低い数値である。
2008年度と各国最新年を比較すると、日本、フランスは横ばい、その他の国は増加しており、特に、ドイツ、英国の伸びは大きい。
専攻別の構成比を「自然科学(理学、工学、農学、保健等)」、「人文・社会科学(人文・芸術、法経等)」と「その他」に分けて見ると、ほとんどの国で「人文・社会科学」の割合が大きい。

博士号取得者 主要7か国で日本だけ減少傾向続く
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190809/k10012029831000.html?utm_int=all_side_ranking-social_005

大学で博士号を取得した人がどれくらいいるか、主要7か国で分析すると、日本は2016年度、人口100万人当たり118人で、日本だけ減少傾向が続いていて、文部科学省は研究力が低下している原因の1つではないかと指摘しています。

 

 

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next

ヘッドライン

   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    反知性政権の望んだ結果がこれだろうね

  • 匿名 より:

    反知性主義のアヘたちの言いなりになってきた文教政策が導く「当然の結果」なり〜!
    大学(院)にカネも出さなきゃ、奨学金は有利子で、仕事場も十分な給料も用意しないんだから、誰がそんなトコに行くかって話。
    どんどん世界から遅れていくニッポンなのでした!
    アヘちゃん、バンザ〜〜イ *\(^o^)/*

  • 匿名 より:

    ワザと庶民を貧乏にしてゆとり教育実装
    教育水準落としたからね

  • 匿名 より:

    沖縄科学技術大学院大学(OIST)は、潤沢に国費を投入して続々と博士号を取得してるわよ
    学生、外国人ばかりだけれど
    現政権、ほんと日本人嫌いなのね

  • 匿名 より:

    就職しにくいから。
    勉強より現実的に生きていく方が大事だから。
    研究は企業でやるべき。

  • 匿名 より:

    志望者が減ったら選抜も機能しなくなるので当然質も下がるよ
    こりゃもう手遅れかもしれないな

  • 匿名 より:

    今は知らんが、昔は企業で工業高校卒の国立大博士号取得者も居た。
    博士号は大学院でなければ取れない訳ではないので、企業が研究者や技術者にもっと入れて欲しいものです。

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next