新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

香港の抗議運動、各地で警官隊とデモ隊が衝突!デモ隊に当局の変装部隊も!中国軍の介入が秒読み 10月までに派兵か


香港の抗議運動で再び警官隊による大規模な強制排除が行われました。
8月13日夜に香港当局は「国際空港を正常に戻す」として、空港で行われていた抗議集会を強制排除。室内に大量の催涙ガスなどが投げ込まれ、一斉にデモ隊を暴力的な手段で解散に追い込みました。

デモ隊の中には変装した警察官も数多く混じっており、警官隊の突入に合わせて変装部隊がデモ隊を内側から攻撃し、デモ隊が内外からバラされた形です。

ただ、国民の反発や怒りの声は根強く、国際空港のデモ隊が強制排除された後も全国各地で大規模なデモ運動を続けています。このような動きに中国政府は批判声明を出し、香港と中国の国境沿いに軍を配備したと発表しました。
配備された軍には習近平主席の直属である武装警官も見られ、早ければ今月中にも人民解放軍の直接介入が行われる可能性が高いです。

10月には中国の記念行事が控えていることもあり、10月までに中国政府が何らかの軍事介入を実施すると専門家らは予想しています。

↓デモ隊と警官隊の衝突

 

香港デモ隊の空港占拠、警察との衝突に発展
https://jp.wsj.com/articles/SB12751278826083123293504585486262214259310

デモ隊は午後11時頃、空港の外に手荷物カートを積み上げ、警察の退出を妨害した。警察は盾や警棒を使ってこれに対抗し、デモ参加者を何人か逮捕した。デモ隊はボトルなどを投げつけて応戦。警棒を奪って警官に殴りかかる一幕もあった。殴られた警官が拳銃を引き抜くとデモ隊は逃げ出した。
状況が悪化したのは夕方で、香港か中国本土の私服警官と疑われる若い男性にデモ隊が襲いかかったのがきっかけだった。
デモ隊はこの男性のポケットを探り、本土の身分証明書を見つけたと声を上げた。身分証明の名前が、香港に隣接する深センの警官に関するオンライン情報と一致したという。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!