新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

小林よしのり氏がマツコ・デラックスにエール!「N国党の言論弾圧に負けるな!」「議員が国民の言論に圧力」


N国党(NHKから国民を守る党)の代表・立花孝志議員がマツコ・デラックス氏の発言に激怒して、テレビ局まで押し寄せた問題で、漫画家の小林よしのり氏がマツコ・デラックス氏に応援のメッセージを投稿しました。

小林よしのり氏はN国党の行動について、「これこそ、テレビで取り上げるべき問題だと思う。なにしろ『国会議員』という権力者が『一国民』の批判に対して、直接職場に押しかけて、圧力をかけているのだ」と指摘した上で、国会議員は沢山の税金を払っているマツコ・デラックス氏に食わせてもらっている立場だと言及。
今回の行動は権力者が国民の言論を封じる言論弾圧だとして、マツコ・デラックス氏に「負けるな!自由にN党を批判せよ」とのメッセージを送っています。

一連のN国党の抗議運動に関しては支持者からも疑念の声が見られ、ネットを中心に賛否両論の激論となっているところです。

 

マツコ・デラックスはN党・権力者の言論弾圧に負けるな
https://blogos.com/article/397514/

N国代表がマツコデラックス生出演のTV局前で、1時間マツコ批判演説を続けたという。
マツコがN国を批判したことに腹を立てて言論弾圧をしているのだ。

これこそ、テレビで取り上げるべき問題だと思う。
なにしろ「国会議員」という権力者が「一国民」の批判に対して、直接職場に押しかけて、圧力をかけているのだ。

N国代表は数々の特権を持つ国会議員である。
もう権力者の側にいるのだ。
彼は国民が払う税金で働き、食う身分である。
主権者たる国民によって仕事をさせてもらえる身分なのだ。

マツコ・デラックスはたくさん税金を払っているだろうから、N国代表はマツコに食わせてもらっているのだ。
なぜマツコの言論を弾圧できる?

権力者が国民の言論を封じる、これを「言論弾圧」という。
マツコは「言論弾圧」に負けてはいけない。
自由にN党を批判せよ!
やはりN党には「公」がないのである!

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!