ヘッドライン

小林よしのり氏がマツコ・デラックスにエール!「N国党の言論弾圧に負けるな!」「議員が国民の言論に圧力」


N国党(NHKから国民を守る党)の代表・立花孝志議員がマツコ・デラックス氏の発言に激怒して、テレビ局まで押し寄せた問題で、漫画家の小林よしのり氏がマツコ・デラックス氏に応援のメッセージを投稿しました。

小林よしのり氏はN国党の行動について、「これこそ、テレビで取り上げるべき問題だと思う。なにしろ『国会議員』という権力者が『一国民』の批判に対して、直接職場に押しかけて、圧力をかけているのだ」と指摘した上で、国会議員は沢山の税金を払っているマツコ・デラックス氏に食わせてもらっている立場だと言及。
今回の行動は権力者が国民の言論を封じる言論弾圧だとして、マツコ・デラックス氏に「負けるな!自由にN党を批判せよ」とのメッセージを送っています。

一連のN国党の抗議運動に関しては支持者からも疑念の声が見られ、ネットを中心に賛否両論の激論となっているところです。

 

マツコ・デラックスはN党・権力者の言論弾圧に負けるな
https://blogos.com/article/397514/

N国代表がマツコデラックス生出演のTV局前で、1時間マツコ批判演説を続けたという。
マツコがN国を批判したことに腹を立てて言論弾圧をしているのだ。

これこそ、テレビで取り上げるべき問題だと思う。
なにしろ「国会議員」という権力者が「一国民」の批判に対して、直接職場に押しかけて、圧力をかけているのだ。

N国代表は数々の特権を持つ国会議員である。
もう権力者の側にいるのだ。
彼は国民が払う税金で働き、食う身分である。
主権者たる国民によって仕事をさせてもらえる身分なのだ。

マツコ・デラックスはたくさん税金を払っているだろうから、N国代表はマツコに食わせてもらっているのだ。
なぜマツコの言論を弾圧できる?

権力者が国民の言論を封じる、これを「言論弾圧」という。
マツコは「言論弾圧」に負けてはいけない。
自由にN党を批判せよ!
やはりN党には「公」がないのである!

 

 

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next

ヘッドライン

   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    「負けるな」ってどうなのかな?
    マツコは自ら戦って叩き潰したいのか?
    そもそも戦いたくないそもそも関わりたくないの「気持ち悪い」なんじゃなかったのかな?

  • 匿名 より:

    >そもそも戦いたくないそもそも関わりたくないの「気持ち悪い」なんじゃなかったのかな?
    こんなこと言ってたか?

  • 匿名 より:

    別にこの件に関してはよしのり氏の意見が正論。マツコが何を言おうが国会議員が直接出向いてまで恫喝する方が異常。んな事がわからない奴がいる事がわからない

  • NHKとN国から国民を守る党 より:

    この喧嘩に関わる価値なし。マスコミもN国も糞。
     
    NHKは予算を国会で決めるから当然、政府の言いなりになる。最近は特に酷い。元会長の籾井勝人は、「政府が右と言うのを我々が左と言う訳には行かない」「放送内容は、日本政府と懸け離れてはならない」と、堂々の政府の御用メディア宣言をした。NHK経営委員には、安倍政権を熱烈に応援している長谷川三千子が居る。また、安保法を支持し、自民党に反対する勢力を激しく叩く百田尚樹が居た事もある。いずれも、安倍政権成立後の就任だ。NHKはTPP大筋合意を「嬉しいニュースが入って来た」と報じた事もある。
    受信料を集めて「皆様のNHK」等と言いながら、実際は権力の犬。今は「アベ様のNHK」だ。民放もスポンサーである財界の犬。やはり糞。
     
    そしてN国も糞。N国はNHKと戦うと言うが、そこに自民党の悪政と戦う思想は無い。その証拠に、「NHK改革に協力するなら自民党の改憲に賛成する」と言った。自民党政治に少しでも嫌悪感を持つ人なら、絶対言わない事だ。元維新や渡辺善美とも組んだ。N国には格差拡大に反対する思想は微塵も無いという事だ。なにが「NHKをぶっ壊す」だ。NHKしかぶっ壊さず、他の悪は野放し、いや加担すらする党だ。
     
    自民党などの既成政党をぶっ壊す!マスコミもぶっ壊す!N国もぶっ壊す!そんな運動が必要!

  • 匿名 より:

    その口で自民党やバカネトウヨにも言論弾圧だと言ってやれ。特に安倍信者やネトウヨを生み出した責任の一端は小林にあるんだから。

  • 匿名 より:

    ↑NHKだけじゃないよ。
    https://twitter.com/CrybabyTo/status/1160959991412432898
    教科書の 基本的人権の項目の内容が、自民党の改憲草案になってる らしいし。

  • 匿名 より:

    2019年8月14日 7:49 PM
    そんなのとっくの昔から言っとるで
    最近でもN国とれいわについて語ったときにまたネトウヨを批判してたで

    今回の参議院に議席を得て、政党要件を満たした「れいわ新選組」(れいわ)と「NHKから国民を守る党」(N国)を一緒くたに論じる動きが出てきた。
    れいわとN国は全然違うということは、ここではっきりしておかなければならない。
    .
    週刊新潮(8月8日号)は「衆院選に100人擁立をぶち上げた!『山本太郎』を台風に育てる慄然『衆愚の選択』」という記事を組み、れいわをN国と一緒に扱って「参院選で生まれた新しい芽は、所詮は衆愚の選択のたまものであるということか」と書いた。
    そして「月刊Hanada」編集長の花田紀凱は産経新聞(8月3日)のコラムでこの記事について、「ここで、『か』は不要。衆愚の選択そのものではないか」と評している。
    ネトウヨ愚民の雑誌を作っている編集長のくせに、自分を衆愚のひとりとは思いもせずに、上から評論しているのには笑わされる。
    れいわの躍進は衆愚の選択ではない。
    N国の方は衆愚の選択の極致である。
    その違いも見抜けないのでは、その目はフシ穴である。

  • 匿名 より:

    7:49 PM
    小林は小泉時代からグローバリズムに走ってた自民党を批判し続けてたから今のネトウヨ共とは関係なくね?
    民主党政権時代のときは民主党の酷い政治ぶりを見て一時的に自民党に心が動きかけてたけど、
    それを上回る安倍政治のあまりの酷さを見てまた直ぐに批判するようになってたし

  • 匿名 より:

    小林さんは正論しか言わないね
    小林よしのり断固支持します!

  • 匿名 より:

    立花孝志氏はNHK、東京MXに絞って行動展開しているが、氏がその行動をメディア全体に広げていってほしいと感じている。日頃語られる事は少ないが、日本の主流メディアは肝心の事(米国、在日、同和、ヤクザ、経団連等々)について、全く語らないか、ある限度までしか深入りしない姿勢を貫いている。寝た子を起こせ!

  • 匿名 より:

    これさ、マツコvs立花特番を収録でやっちゃえよ。マツコに多少有利な状況作ってもいいからさ。立花が何でキレてるか解ってないからキモいんだろ?世間も知りたがってる。立花にきっちり説明させろよ。

  • 匿名 より:

    N国の支持者は、立花の行動内容については特に何も言わずに、マツコが無視したというよく分からない理論で批判してるだけ。
    あんな行動をする人に言葉で何か言うことがただただ面倒ごとを増やすだけだという事になるだけだって分かるでしょ。
    煽ってる支持者は、ただその喧嘩を見て自分のストレス発散したいだけなんじゃ?
    立花を自分のストレス発散に利用してるだけ。要するに支持者も政治家として立花を応援してるわけじゃない。

  • 匿名 より:

    小林は小泉や安倍にすり寄りながら、気に入らないと勝手に切れて、他にすり寄る根なし草野郎です。
    散々ネトウヨ本を出して、ぶっ飛んだ人間のクズを大量生産しておいて今さらなにいってんだ?

  • 匿名 より:

    ↑みたいな頭の悪い小林アンチは放っておくとして、
    小林のような人士にまで否定されたN国はこれからどうするつもりなのかね。
    これで小林や高須といった面々にも喧嘩吹っかけていったら笑えるのだがw

  • 匿名 より:

    ↑オタクも十二分に頭が悪いぞ。(笑)高須や小林、安倍と同レベル。お前らみたいなのがネトウヨを生み出す元凶だわ。

  • 匿名 より:

    高須のことは知らんが、小林氏は寧ろネトウヨをぶっ叩く本ばっかり出してるんだが。
    見てすらいない癖に他者に的外れな批判をしてイキり散らすとか頭立花かよ。

  • 匿名 より:

    4:29 PM
    反ネトウヨ主義の小林の本をロクに読まずに小林批判、
    そしてテメエが論破されたらそそくさと退散…やっぱり小林アンチって頭悪いわw

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next