新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

アメリカが台湾への武器売却を正式決定!新型F16戦闘機など過去最大規模、中国は「内政干渉」と撤回要求!

*F16
8月21日にアメリカが台湾への武器売却を正式に決定しました。

アメリカのトランプ大統領は台湾の要請に応じる形で新型のF16戦闘機66機などを売却すると発表し、過去最大規模となる計80億ドル(8500億円相当)の売却を議会に通知。中国の驚異を食い止めるとして、近い内に武器の引き渡しが行われる見通しです。

一方で、中国の方はアメリカに猛反発しており、中国外務省は19日の記者会見で「F16戦闘機の台湾への売却をめぐって、中国はアメリカに対し、繰り返し厳重に申し入れを行ってきた」と述べ、アメリカに抗議声明を送ったとしています。
中国は台湾を自国領土の一部だと強く主張している状態で、今年に入ってから習近平主席からも台湾侵攻を示唆するような発言が飛び出ていました。

 

米 台湾に新型のF16戦闘機などの売却を正式決定
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190821/k10012042561000.html?utm_int=all_side_ranking-social_005

アメリカのトランプ政権は、台湾に新型のF16戦闘機66機など、合わせて80億ドル、日本円にしておよそ8500億円相当を売却することを正式に決め、議会に通知しました。中国は、内政干渉だとして売却の撤回を求めていて、トランプ政権が正式に売却を決定したことを受けて強い反発が予想されます。

台湾への米戦闘機売却は「内政干渉」 中国が撤回要求
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190819/k10012041051000.html

アメリカのトランプ政権が台湾に対し新型のF16戦闘機を新たに売却する手続きを進めていることについて、中国政府は、内政干渉だとして重ねて強く反対したうえで、武器売却を直ちに撤回するよう求めました。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!