新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

TPPよりも劣悪、日米通商交渉の合意で日本が全面譲歩!米中貿易戦争の余波で日本が在庫処分へ 9月に正式署名


8月25日に日米首脳会談で安倍晋三首相が合意したアメリカとの通商交渉は、日本側の全面的な譲歩となりました。
貿易関税はアメリカが自動車関連を維持するとしたのに対し、日本側は米国産牛肉の関税を38.5%から9%に引き下げ。豚肉の関税も大幅に削減するとしており、畜産関係は米国に完全譲歩していました。

アメリカの自動車関税が維持されたことを考えると、TPP(環太平洋経済連携協定)よりも酷い内容だと言え、他にも米国産のトウモロコシをおよそ250万トンほど追加で輸入する案にも合意しています。
これは米中貿易戦争で中国に輸出されるはずだった余り物のトウモロコシで、日本が事実上の在庫処分地帯になった形です。

記者会見でアメリカのトランプ大統領は「中国は約束したことを実行しないため、アメリカのいろんな地域でトウモロコシが余っている。安倍総理が購入してくれるのはとても大きな取り引きだ」と述べ、中国向けのトウモロコシを日本に送ったと言及。
9月下旬には正式な署名を行う予定ですが、この厳しい内容に日本国内の農家を中心に反発が強まりそうです。

 

中国が輸入しない米のトウモロコシ 日本が買います
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190826/k10012048591000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_005

政府関係者によりますと、追加で輸入するのは飼料用のトウモロコシおよそ250万トンで、年間の輸入量の3か月分にあたる規模だということです。
国内で新たな害虫が確認され、今後供給に不安が生じることも懸念されるため、トウモロコシの輸入の90%以上を占めるアメリカから、日本の企業が9月から輸入を前倒しすることになるとしています。

日米首脳、貿易交渉で基本合意 9月下旬に署名へ
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO48982490V20C19A8000000

日本が米国産牛肉にかけている38・5%の関税は段階的に引き下げ、2033年4月に9%にする。TPPと同水準になり米国はTPP参加国と競争条件がそろう。

米国の農家は中国との貿易摩擦の影響で、輸出が急減している。20年の米大統領選で再選を目指すトランプ氏は日本の農産品の市場開放を自身の政権運営の成果として訴える見通しだ。

日本が米国に要請してきた工業品の関税引き下げでは自動車本体の関税撤廃を先送りする。今回の貿易交渉とは別に、今後も協議を続ける。米国は離脱したTPPで「自動車関税を25年で撤廃する」と合意した経緯がある。

 

関連過去記事

日米通商交渉で合意、安倍首相が譲歩!米国産牛肉で日本が関税を9%引き下げ!トウモロコシの大量購入や非関税障壁の撤廃も
https://johosokuhou.com/2019/08/26/17739/

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!