新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【注意】79万人に避難指示!岐阜&長野の木曽川で氾濫危険水位を超える!広島の入野川も!河川は厳重警戒を!


朝から降り続いている記録的な大雨の影響で各地の河川が氾濫危険水位まで水位が上昇しています。

岐阜県と長野県を通っている木曽川では17時10分に南木曽観測所で「氾濫危険水位」に到達し、県が周辺住民らに警戒を促しているところです。数時間前に上流の牧尾ダムで緊急放流が行われたことから、この影響によって水位が急上昇したと見られています。

また、広島県の入野川でも18時過ぎに失平観測所で「氾濫危険水位」に達し、氾濫の危険性が高まっているとして注意情報が発表されました。

気象庁によると、この記録的な大雨は明後日まで続く可能性があり、7月9日までは西日本から東日本の広い範囲で水害に警戒が必要になるとのことです。
政府は災害対策本部を設置して、特別警報が出た福岡県と佐賀県、長崎県の3県を中心に応急対策を行うとしています。

7月6日19時の時点で吸収全体の約79万人に避難指示が出されており、雨量のデータから更にこの範囲が拡大する可能性が高いです。
交通面への影響も深刻で、しばらくは大通りが使えない状態が続き、これから東日本でも記録的な大雨になると予想されています。

 

福岡、佐賀、長崎に特別警報 九州で記録的大雨、79万人に避難指示
https://news.yahoo.co.jp/articles/2d21219095332bba2327bcf5db864545a4242c71

 停滞する梅雨前線の影響で、九州地方は6日、記録的大雨となり、一部地域で1時間雨量100ミリ超の猛烈な雨が降った。局所的な豪雨をもたらす「線状降水帯」が発生したとみられ、気象庁は午後4時半、「数十年に1度の大雨」として、福岡、佐賀、長崎県の17市町に大雨特別警報を発表。九州7県で約36万9千世帯79万4千人に避難指示が出された。7日も非常に激しい雨が降る見込み。気象庁は、土砂災害や河川の増水・氾濫に対して最大級の警戒を呼び掛けている。

長野 木曽川が氾濫危険水位に
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200706/k10012499741000.html?utm_int=all_side_ranking-social_003

長野県木曽建設事務所によりますと、木曽町や上松町を流れる木曽川は午後5時10分に、南木曽観測所で「氾濫危険水位」に達しました。水位の上昇には牧尾ダムの放流の影響があるとしていますが、県は今後の雨の状況によっては氾濫のおそれもあるとして、自治体からの情報に注意するよう呼びかけています。

福岡県、佐賀県、長崎県に大雨特別警報発表
https://www.jma.go.jp/jma/press/2007/06c/202007061730.html

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!