新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

福島第一原発1号機の燃料プール、水中画像を東電が初公開!格納容器上部の「ふた」では毎時1.97シーベルト 中長期ロードマップ発表

*東電会見
2019年8月29日に東京電力が中長期ロードマップの進捗状況の説明会見を行い、その中で福島第一原発1号機の燃料プールの水中画像が初めて公開されました。

1号機では水素爆発で散乱したがれきの撤去がまだ終わっておらず、今も使用済み燃料プールには392体の核燃料が残されたままになっています。公開された水中画像にも散乱しているガレキが写っており、核燃料が保管されている金属製のラックの上にガレキが積み重なっていました。

合わせて東電は格納容器上部の巨大なふたの写真も公開し、この周囲の放射線量が1時間当たり1.97シーベルトほどあると発表。ふたの周囲は格納容器から溢れ出ている放射性物質の影響で線量が高く、公開された画像も大量の放射性物質で乱れている状態となっていました。

今後の予定としては1号機の燃料プール周囲からガレキを取り除く作業を行い、その次に核燃料の回収作業をすることになっています。現在は3号機の使用済燃料プールから燃料取り出し作業をしているため、1号機は3号機の作業が終わった後となる見通しです。
これらの作業は全て完了するのに数年の時間が必要で、その後も福島第一原発の溶けた核燃料の処理や原子炉解体作業があり、具体的な終了日程はまだ決まっていません。

 

汚染水対策などの報告書

中長期ロードマップの進捗状況(廃炉・汚染水対策チーム会合/事務局会議)アーカイブ
http://www.tepco.co.jp/decommission/information/committee/roadmap_progress/2019-j.html

福島第一原発1号機 燃料プールの水中画像初公開 がれきが堆積
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190830/k10012056121000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_008


メルトダウンを起こした東京電力福島第一原子力発電所1号機の、最上階にある使用済み燃料プールの水中の画像が初めて公開され、水素爆発によるがれきが堆積している様子などが確認されました。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!