新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

ホワイト国除外後で初、日本がフッ化水素の韓国向け輸出を許可!日本メーカーが8~9割の世界シェア 


日本政府が正式に韓国の輸出優遇(ホワイト国)を削除してから初めて、韓国への「フッ化水素」の輸出を許可しました。

報道記事によると、輸出が許可されたのは規制強化された半導体材料3品目のうち、半導体の洗浄に使う「フッ化水素」の輸出で、韓国側の要望通りに輸出が行われる見通しです。

日本政府はホワイト国の除外を決定しましたが、輸出そのものは制限しておらず、韓国側から要請があれば輸出は可能となっています。輸出の手続きに審査の時間が必要となりましたが、今回の輸出許可によって、韓国の方では安堵感が広がっていると報じられていました。

一方で、韓国政府は引き続きホワイト国除外に反発し、元の状態に戻すように強く求めると居ています。

 

日本がフッ化水素の韓国向け輸出を許可 韓国報道
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO49188250Q9A830C1EAF000?n_cid=SNSTW001&s=3

韓国メディアは29日、日本政府が7月から輸出管理を強化した韓国向けの半導体材料3品目のうち、半導体の洗浄に使う「フッ化水素」の輸出を許可したと報じた。規制強化後、初めてとなる。高純度のフッ化水素は半導体製造に欠かせず、日本メーカーが8~9割の世界シェアを握る。半導体を主力とする韓国のサムスン電子などに打撃となるほか、日本企業にとっても輸出が滞ることで、業績への影響が懸念されていた。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!