ヘッドライン

【話題】ツイッターのトレンド1位に腹筋崩壊太郎!令和初の仮面ライダー最新作、悪役になかやまきんに君 


令和初の仮面ライダーシリーズの悪役になかやまきんに君が演じる腹筋崩壊太郎が出現し、ツイッターで話題性を示すトレンドランキングで1位を獲得しました。

なかやまきんに君は「仮面ライダーゼロワン」の悪役に抜擢され、人工知能を搭載した人型ロボット・ヒューマギアの「腹筋崩壊太郎」として登場。その熱演っぷりがネット上で話題になり、9月1日朝に番組が放送されるとあっという間に話題のトップに浮上しました。

令和初の仮面ライダーシリーズということもあって子供だけでなく、大人からも注目を浴びていた本作ですが、その評判は非常に上々だったと言えるでしょう。ただ、最初からあまりにもインパクトが強すぎたことから、「なかやまきんに君の印象が強すぎた」「なかやまきんに君しか覚えてないw」というようなコメントもあったところです。
*第一話は公式がYouTubeなどで無料公開

 

 

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next

ヘッドライン

   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 510 より:

    古くは初代「仮面ライダー」第一話の怪人「クモ男」、初代ウルトラマンの「ベムラー」、ウルトラセブンの「クール星人」。
    シリーズ第一作の方向性とインパクトを与えるためには大切な第一話を「なかやまきんに君」が担ったと(笑) いいことなのか悪いことかは論評は避けますが、とりあえず「新番組のインパクト」は十分だったのではないでしょうか。今後に期待します。

    ※とりあえず、ウケ狙いのゲストが登場しないことは願いたいですね。

  • Kay より:

    石ノ森章太郎先生は草葉の陰で泣いていますよ。

    仮面ライダーが毎年出現していますが所詮商業主義に乗った石森プロの所業。

    とは言え、この会社は2004年9月に伊藤忠商事と提携し、伊藤忠商事が49%・石森章太郎プロが10%・石森プロが41%の各出資、その後2007年にはバンダイ(現バンダイナムコホールディングス)も資本参加し同年5月22日付けで石森エンタテインメントの第三者割当増資を伊藤忠商事とともに引き受け旧石森プロは吸収合併された。

    最早漫画はどうでもよく視聴率が取れて玩具が売れれば儲かる仕組み。

    見ている子供たちには石ノ森先生の意図は伝わらない。

    商業主義の典型だね。

  • 匿名 より:

    仮面ライダーゼロワンの最終回近くで,腹筋崩壊太郎が再登場するといいのになぁ という意見がネットでは出ています。
    TV朝日や東映にリクエストしてみましょう。

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next