新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【非常事態】フィリピンの大噴火、金融市場が取引停止!官公庁も証券取引所も全て閉庁!マスク不足で混乱続く!


1月12日にフィリピンの首都マニラ近郊にあるタール火山が大噴火した件で、フィリピンの首都機能が大混乱状態になっています。
火山周囲の住民ら1万6000人以上が避難し、大量の火山灰によって13日は学校は休校。
政府機関も閉庁状態となり、証券取引所をはじめ為替、債券の取引も中止となりました。

噴火から24時間が経過しましたが、依然として火山活動は活発な状態が続き、大量の火山灰がフィリピンの首都圏に降り注いでいます。この影響で防塵マスクなどは即座に完売となり、今もマスク不足で市民から困惑の声が相次いでいました。

噴火時はダバオ市にいたドゥテルテ大統領も急遽マニラに戻り、現在は非常事態だとして緊急対応を行っています。
噴火の影響でマニラ空港も閉鎖状態が続き、火山灰が無くなるまでは今後も閉鎖が続くと報じられていました。

 

フィリピン首都近郊の火山噴火、金融市場の取引も中止
https://jp.reuters.com/article/philippines-volcano-taal-idJPKBN1ZC0IH

[マニラ 13日 ロイター] – フィリピンの首都マニラ近郊の火山が12日に噴火し、周辺住民1万6000人以上が避難している。13日は学校が休校、官公庁は閉庁し、証券取引所をはじめ為替、債券の取引も中止された。

フィリピン首都近郊の火山で噴煙 国際空港での発着停止に
https://www.afpbb.com/articles/-/3263207

【1月13日 AFP】フィリピンで12日、首都マニラ南方にあるタール(Taal)火山から巨大な噴煙が立ち上った。当局は同火山が「爆発的噴火」を起こす危険が迫っていると警告を発し、マニラの国際空港では航空機が当面の間、運航停止を余儀なくされている。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!