新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

安倍総理大臣、台風15号の被災地を「激甚災害」に指定へ 閣僚懇談会で準備指示!県の要請で重い腰を上げる

*官邸
安倍総理大臣が台風15号の被災地を「激甚災害」に指定する意向を固めました。激甚災害に指定されると、国からの支援や融資が多数受けられるようになり、被災地の復興負担が大幅に軽減されます。

20日の閣僚懇談会で安倍総理大臣は「被災地の皆さんが、1日も早く安心して暮らせる生活を取り戻せるよう、引き続き自治体と一体となって被災地の復旧・復興に全力を尽くしてもらいたい」と述べ、台風15号の被災地を激甚災害に指定する方向で動くように指示しました。
先日に千葉県知事らが首相官邸に激甚災害の指定を要請していることから、このような自治体や世論の要望を受けて動き出したと見られています。

国民からは激甚災害に指定するまでの遅さや政府の初動対応を批判する声が多く、被災地でも不満がジワジワと高まっているところです。

 

安倍首相 台風15号被害 「激甚災害」指定へ準備指示
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190920/k10012091361000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_002

そして台風15号をはじめ、先月から今月にかけての大雨による災害について、復旧にかかる費用を政府が支援する「激甚災害」への指定に向け、準備を進めるよう指示しました。
そのうえで安倍総理大臣は「被災地の皆さんが、1日も早く安心して暮らせる生活を取り戻せるよう、引き続き自治体と一体となって被災地の復旧・復興に全力を尽くしてもらいたい」と述べました。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!