新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

景気判断を最悪の「悪化」に下方修正!変更は4ヶ月ぶり 政府は知りながら増税を強行か 景気動向指数


内閣府が景気の基調判断を4ヶ月ぶりに引き下げました。

内閣府によると、8月の景気動向指数(2015年基準100)は前月比マイナス0.4ポイントの99.3%となり、2ヶ月ぶりの低下を記録したとのことです。合わせて景気の基調判断もこれまでの「下げ止まり」から、「悪化」に下方修正しました。
基調判断は5段階の評価となっており、「最悪」の基調判断は最も厳しい内容となっています。

政府は10月1日の消費増税前からこの数字を知っていたと見られ、国内の景気が悪化していることを知りながら、消費増税を強行した可能性が高そうです。

 

景気動向指数 速報 内閣府
https://www.esri.cao.go.jp/jp/stat/di/201908psummary.pdf

景気判断、最も厳しい「悪化」に下方修正 4カ月ぶり
https://www.asahi.com/amp/articles/ASMB74PQLMB7ULFA011.html

内閣府は7日、景気全体の動きを示す8月分の景気動向指数(速報)で、景気の基調判断をこれまでの「下げ止まり」から、「悪化」に下方修正した。景気後退の可能性が高いことを示すもので、「悪化」の判断は4カ月ぶり。消費増税の実施で景気の下ぶれリスクはさらに強まっており、政策対応をめぐって議論を呼びそうだ。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!