新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

マラソン以外も会場変更か?橋本五輪相が言及、IOC要請に強権!五輪招致時に「理想的な気候」と虚偽宣伝も

*IOC
2020年の東京オリンピック(五輪)で男女マラソンの会場が札幌に変更となった問題で、さらに別の競技も会場を変える可能性があることが分かりました。

10月18日の記者会見で橋下五輪担当相は「この提案によって、ほかの競技はどうなのか、調整委員会で意見が出てくると思う」と述べ、他の競技にも波及する恐れがあるとコメント。
30日にIOC(国際オリンピック委員会)や組織委員会、東京都らで調整会議をするとしていますが、そこで何らかの結論が出ると予想されています。

ただ、IOCは昨年の段階で北海道への変更を検討していたようで、今になって北海道での開催案が関係者から提案されていたことが発覚。パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長(82)も「我々の計算にはなかったが(IOCの間では)前から出ていた」と発言しており、東京都への事前連絡を怠っていたとしています。

森会長は札幌開催案をIOCバッハ会長の権限で決定した案として、調整委のジョン・コーツ委員長の電話を通じて「これは相談事ではない。この案でやらせていただきます」などと強い口調で連絡を受けたと明かしていました。

かつて日本は東京オリンピックの招致時に、「東京は温暖で晴れる日が多くアスリートにとって理想的な気候」と宣伝していたこともあり、IOCと日本側で重大な認識のズレが発生していた可能性がありそうです。

これらの情報から日本の大会組織委員会がIOCからの警告を隠していたとも考えられ、どのような経緯で札幌開催に決まったのか情報開示をして欲しいと言えるでしょう。

 

IOC札幌変更へ強権発動「相談ではない。この案で」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191018-10180133-nksports-spo

2020年東京オリンピック(五輪)・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長(82)が17日、都内で記者団の取材に応じ、国際オリンピック委員会(IOC)が提案したマラソン、競歩の札幌開催案について「IOCと国際陸連が賛成している。受けなければならない」と話し、東京から札幌への変更が確実な情勢となった。IOCトーマス・バッハ会長もドーハで「IOC理事会と組織委は札幌市に移すことに決めた」と二者間での合意を強調。東京都も出席し30日から3日間、都内で行われるIOC調整委員会で結論を出す。

暑さ対策でさらなる変更も? 橋本五輪相が言及
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20191018-00425814-fnn-bus_all

橋本五輪相は、18日午前の会見で「この提案によって、ほかの競技はどうなのか、調整委員会で意見が出てくると思う」と述べ、30日から行われる、IOC(国際オリンピック委員会)や組織委員会、東京都らとの話し合いの中で、マラソン、競歩以外の競技についても、暑さ対策などによる変更が検討される可能性を示唆し、協議を注視したいと話した。

チケット、警備…組織委に困惑 マラソン開催地変更検討
https://news.livedoor.com/article/detail/17243370/

東京都としても約300億円をかけて、暑さ対策でマラソンコースなど都道約136キロの遮熱性舗装を進めてきた。ある関係者は「都がどう思うか。東京の魅力を発信すると意気込んでいたのに」と話した。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!