新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

内閣府の国政モニターにヘイトスピーチ掲載!?担当者も驚き!「反日教育がー」「民主・共産は売国勢力」


内閣府の「国政モニター」に掲載されている国民の意見にヘイトスピーチと思われる記述が多くあるとして、批判の声が相次いでいます。
この国政モニターは国の重要施策に関して、国民の要望や意見を聴取し、国の行政施策の企画・立案及び実施のための参考とすることを目的としたサイトです。

本来は「国民の意見を国政に反映する」という目的で作られたのですが、何故か掲載されている意見の多くに特定の国や民族、組織への誹謗中傷がありました。

具体的な例を紹介すると、安全保障政策に関する意見で「(安保法制を)民主党をはじめ売国勢力が潰そうとする」などと特定の政党を名指しで批判し、慰安婦問題になると「韓国は嘘の歴史を教えて国是のようにする体質」「国内に居る在日が嫌われている理由と同じ」というような誹謗中傷に等しいコメントが多く見られたところです

他にも「帰化しても共産党や民主党員のように、あるいは与党の自民党で日本貶めを画策する議員が居るように、日本人とは名ばかりの反日外国人が暗躍」とか、「在日朝鮮人・中国人や本国の利益に日本が利用されてはいけません」などと右派系のブログで見たような意見が並んでいました。

メディアの取材に対して担当者は「びっくりしている。事実を確認中」とコメントしており、このような意見の存在は把握していなかったと言及。これから調査を行うとして、具体的な対応などはまだ未定だとしています。

 

国政モニター
https://monitor.gov-online.go.jp/html/monitor/index.html

誹謗中傷 担当者は「びっくりしている」
https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/monitor-gove?bffbjapannews&utm_term=.lqqd2nLOj#.bb03dBXOq

内閣府広報室はBuzzFeed Newsの取材に、すでにネット上で指摘があがっていることを把握している、と認めた。担当者は「びっくりしている。事実を確認中」と答えた。

また、2017年度から休止している理由は「そのほかホームページ上で広くご意見を伺うところがある」こと、と説明した。

詳しい運用方法などについて同室に問い合わせをしており、回答があり次第、追記する。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!