新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

ロシアが憲法改正へ!今年4月にも改正案、議会権限増大などが柱か プーチン大統領は24年に退任示唆


ロシアで憲法改正の動きが本格化しています。
ロシアのプーチン大統領は憲法改正を目指すと表明し、今年4月にも具体的な改正案を発表すると言及。

改正案では議会の権限強化が主な内容となっており、首相や閣僚の任命をめぐる議会下院の権限を強化した上で、大統領の諮問機関だった「国家評議会」も憲法に明記するとしています。大統領の任期に関しても「連続2期まで」から「最大2期まで」に変更。
ロシアの権力体制を大幅に変えるような憲法改正だと言え、9月にも国民投票が実施される予定です。

基本的にはロシアの国家主権が強化される憲法改正であり、改憲が実現すれば、日露平和条約交渉などロシアの外交姿勢に大きな影響が出ることになると見られています。

一方で、プーチン大統領は現在の任期が切れる2024年以降は大統領にとどまらず、後継者に権力を移譲するとコメントしていました。ただ、後任に大統領を譲っても、憲法改正後の院政政治によってプーチン氏の影響力は色濃く残ることになりそうで、引き続き今の権力体制は維持されることになりそうです。

 

プーチン氏、24年退任示唆 大統領任期の制限支持
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54579450Z10C20A1FF8000/

【モスクワ=共同】ロシアのプーチン大統領は18日、憲法が規定する大統領任期の制限を支持すると表明、現在の任期が切れる2024年以降は大統領にとどまらず、後継者に権力を移譲する考えを示唆した。第2次大戦に参加した元兵士らとサンクトペテルブルクで会談した場で表明した。
プーチン氏は15日、大統領権限を含む国家の権力機構を見直す憲法改正を提案。現憲法の規定通り大統領を退任するか去就が注目されている。

ロシア内閣総辞職、プーチン氏は憲法改定を提案 院政の布石か
https://www.bbc.com/japanese/51130564

ロシアのウラジミール・プーチン大統領は15日の年次教書演説で、抜本的な憲法改定を提案した
ロシアのドミートリー・メドヴェージェフ首相は15日、内閣が総辞職すると発表した。この数時間前には、ウラジミール・プーチン大統領が議会の権限強化に向けた抜本的な憲法改定を提案しており、プーチン氏が2024年の任期満了後も権力を維持する狙いがあるとみられている。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!