ヘッドライン

世界各地で火山噴火!西之島で1800mの噴煙、クリュチェフスカヤ山でも5500m級!サンガイ火山では溶岩確認


世界中で火山噴火が相次いでいます。
日本の小笠原諸島にある西之島では今月に入ってから再び火山活動が活発化しており、1月17日に高さ1800メートルの噴煙を観測。大量の溶岩が流れており、今も噴火が続いています。

南米のエクアドルでも1月20日にサンガイ火山が噴火し、大量の溶岩で山が赤く燃え上がっていました。サンガイ火山はユネスコに登録されている世界遺産の国立公園にあり、現地メディアも久しぶりの噴火として報道しています。

また、1月22日にはロシア極東・カムチャツカ半島のクリュチェフスカヤ山で大規模な噴火が発生しました。噴煙は高さ5500メートルまで上昇、現時点では大規模な降灰は確認されていないと報じられています。

今月は世界的に火山噴火の報告が多く、1月12日に発生したフィリピンのタール火山噴火を始め、かなり規模の大きな噴火が多いです。世界中の活火山やプレートが活発化している可能性もあり、世界有数の火山地帯である日本にとっても他人事では無いと言えるでしょう。

 

↓エクアドルのサンガイ火山噴火

↓西之島の噴火

 

クリュチェフスカヤ山 5500メートルの噴煙を噴き上げる
https://jp.sputniknews.com/incidents/202001227036033/

現地時間で1月22日の早朝、カムチャツカ半島にあるクリュチェフスカヤ山が、海抜5500メートルの高さまで噴煙を噴き上げた。カムチャツカ火山噴火対策チーム(KVERT)が発表した。

草津白根山の活動、中長期的に活発 噴火予知連が見解
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO54685320S0A120C2CE0000/

火山噴火予知連絡会の「草津白根山部会」が21日、気象庁で開かれ、群馬県と長野県にまたがる草津白根山について「火山活動は中長期的には活発な状態が続いている」とする見解をまとめた。

 

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next

ヘッドライン

   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    ゲッ、1月18日夜の桜島、めっちゃヤバいことになってるやん?!

  • 匿名 より:

    今年は噴火やウィルスパンデミックで幕開けだな。東京オリンピックの辺りは流石に穏やかになるのだろうけど。

  • 匿名 より:

    この流れなら富士山が大噴火するのも時間の問題だ。

  • 匿名 より:

    西之島、大陸の赤ちゃんかも知れないらしい。
    「ウォーターワールドだった太古の地球では、西之島のような海底火山が沢山できて、安山岩マグマを噴出していた、というわけです。西之島は、太古の地球、大陸のでき方を再現している、ということができるわけです。」NHK解説委員室

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next