新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

新型肺炎の都市閉鎖が湖北省全域に拡大!ウイルスの潜伏期間は10日前後、犬に噛まれて肺炎発症も!

中国当局が都市閉鎖の範囲を拡大しています。
当初は武漢市の周囲だけに限定されていましたが、それが鄂州や黄岡など10都市以上に拡大。現在も範囲が広がっており、約6000万人が住んでいる湖北省全域となりました。

中国国家衛生健康委員会は1月26日に記者会見を開き、新型コロナウイルスの潜伏期間は平均で約10日間で、人や環境によって1~14日間程度の幅があると発表しています。

感染ルートは哺乳類を媒介としたケースが多いと見られ、香港だと犬に噛まれた男性が肺炎を発症した事例もありました。コウモリやネズミのような動物がウイルスを一気に広げた恐れがあるとして、中国当局は厳重な警戒を呼びかけています。

新型コロナウイルスの感染力が強まっているとの情報もあり、引き続き日本でも備えておく必要がありそうです。

 

新型肺炎 武漢は封鎖状態 湖北省全域にも封鎖拡大
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200126/k10012259671000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_006

中国で新型のコロナウイルスの感染が拡大している問題を受け、最も状況が深刻な湖北省武漢では現地を離れる航空便や鉄道などの公共交通機関の運行が3日前から停止されています。また、武漢の中心部では26日から許可された車以外の通行が禁止されるなど移動が厳しく制限されていて、街は事実上封鎖された状態となっています。

潜伏期間に感染の可能性
https://this.kiji.is/594084465359045729

 【北京共同】中国国家衛生健康委員会の幹部は26日の記者会見で、新型コロナウイルスの潜伏期間は約10日間で、1~14日間の幅があると述べた。潜伏期間に感染する可能性もあるとの認識を示した。

武漢市で犬にかまれた香港男性2人が肺炎を発症
https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/202001260000662.html

中国での感染が拡大している新型コロナウイルスによる肺炎の問題で、香港メディア「香港01新聞」は26日、湖北省武漢市で犬にかまれた男性2人が肺炎を発症したと報じた。中国ではこれまで、感染源として食用のタケネズミのほか、アマガサヘビやタイワンコブラの可能性が報じられているが、犬にかまれた感染者が現れたことを受けて、香港01新聞は新たな症例と報じている。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!