新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

京都市長選で現職の門川氏が当選確実に!立憲は支持層が分裂か 門川氏21万票・福山氏16万票・村山氏9万票

*門川氏
2月2日夜に京都市長選が投開票され、現職の門川大作氏(69)が当選確実となりました。

門川氏は自民党や公明党、立憲民主党、国民民主党、社民党から推薦を得た候補者で、21万456票を獲得してトップ当選。
れいわ新選組の山本太郎氏や共産党が推薦していた福山和人は16万1576票となり、約5万票の差で敗北となりました。3位は元京都市議会議員の村山祥栄氏で9万4352票を獲得しています。

今回の選挙で特筆するべきは福山氏の獲得票数で、KBS京都の出口調査だと、立憲民主党の票が門川氏と福山氏で分裂状態になっていました。野党の支持者たちはどちらかと言えば、福山氏を支持しているとの意見が多く、与党のイメージが強い門川氏を毛嫌いした結果、票が割れたのだと見られています。

また、れいわ新選組の山本太郎代表が支持を表明してからも勢いも注目するべき点で、れいわ新選組と共産党の底力を見せつけた選挙になったと言えるでしょう。

仮に立憲民主党や国民民主党が福山氏を推薦していた場合、福山氏が当選となっていたかもしれません。それだけに野党陣営は、何故このような事になったのか、考え方や行動を反省する必要がありそうです。
*投票率は40.71%で、前回から5.03ポイントの上昇


 

門川氏が4選確実 京都市長選、福山氏と村山氏破る
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200202-00010000-kyt-soci

 任期満了に伴う京都市長選は2日、投開票され、公明党と自民党京都府連、立憲民主党府連、国民民主党府連、社民党府連推薦の現職門川大作氏(69)が、いずれも新人で、共産党とれいわ新選組が推薦する弁護士福山和人氏(58)、前京都市議村山祥栄氏(41)を破り、4選を確実にした。12年ぶりとなる3極対決で混戦となったが、門川氏が政党や団体の組織に支えられて抜け出した。投票率は40・71%で、前回から5・03ポイント上がった。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!