新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

阿蘇山で火山活動が活発化か 連続噴火が継続と気象庁 数百メートルクラスの噴煙が複数

*阿蘇山
熊本県の阿蘇山で火山活動が活発化しています。
気象庁によると、1月末頃から小規模な噴火が連発しており、2月3日3時にも高さ700メートルほどの噴煙を伴う噴火を観測したとのことです。

1月31日にも高さ1000メートルを超えるような噴煙を捉えていることから、気象庁は引き続き阿蘇山の火口周囲には近付かないように注意を促していました。

阿蘇山では2020年1月7日にやや規模の大きな噴火が発生し、それから活発な状態が続いています。これがもっと大きな噴火の前兆現象なのかは不明ですが、今後も引き続き注意が必要だと言えるでしょう。

 

気象庁 阿蘇山情報
http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/volinfo/VG20200203030000_503.html


火  山:阿蘇山
日  時:2020年02月03日03時00分(021800UTC) 第1報
現  象:連続噴火が継続しているもよう
有色噴煙:不明
白色噴煙:
流  向:不明

天候不良のため噴煙状況不明
21時以降の最高噴煙高度:火口上700m(海抜6600FT)
火口:中岳第一火口
01月07日08時05分に発生した噴火が現在も継続しているもよう
今後も噴火が継続していると推定される場合は定期的に通報する

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!