新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

新型コロナウイルス対策に治療薬「アビガン」、政府が使用を検討へ 加藤厚労相が言及!幅広い医療機関で

*BBC
日本政府は新型インフルエンザの治療薬「アビガン」を新型コロナウイルスの患者にも使用を認める方向で検討を開始しました。

加藤厚労相は22日の記者会見で「近い内に効果を確かめるための臨床試験を行う」と言及し、アビガンに何らかの効果が認めれれば、使用を認める方向で調整していると発表。臨床試験は数日中には行われる見通しで、全国の医療機関で使えるようにするとしています。

アビガンはインフルエンザ用の治療薬ですが、海外だと新型コロナウイルスにも効果があったとの報告があり、国内でも一部の医者や専門家から「アビガンを使うべき」「アビガンなら効果が期待できる」などと肯定的な意見が相次いでいました。

アビガンは富士フイルム富山化学製で、新型インフルエンザへの対抗手段として政府が備蓄しています。
ただ、アビガンには副作用があり、妊娠中の女性が服用すると催奇形性(さいきけいせい)が上昇すると言われているのです。

体質によっては合わないケースもあると考えられ、服用には慎重な判断が必要になると言えます。

 

神奈川県、新型コロナに対するアビガン使用の認容や協力を政府に要望
https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/news/p1/20/02/22/06596/ 

神奈川県は2020年2月21日、新型コロナウイルス(2019-nCoV/SARS-CoV-2)の感染者の治療に当たっている神奈川県内の医療機関で、富士フイルム富山化学が製造販売承認を取得した抗インフルエンザウイルス薬の「アビガン」(ファビピラビル)の投与を認容するように政府に要望した。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!