新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【驚き】日本が最新の海外検査キットを導入せず 厚労省の天下り先メーカーを優遇、検査遅れの要因に?

海外メディア
スイスの製薬会社「ロシュ」が開発した遺伝子検査キットは素早く新型コロナウイルスの患者を調べることが出来ますが、依然として日本政府は殆ど導入していません。
これについて一部の専門家や週刊誌などからは、厚生労働省の天下り利権を指摘する声が相次いでいます。

週刊ポストの記事によると、国内のワクチンメーカーは大半が厚生労働省の天下り先となっていることから、新型コロナウイルスの検査キットも国内メーカーを優先し、海外の優秀な検査キットを避けているとのことです。

日本政府の検査が遅いのも、国内メーカーが検査キットの販売準備が完了するまで待っているからだと見られ、ワクチン開発でも海外との協力は遅れています。

専門家からは「ワクチンに関しても、国内のワクチンメーカーは厚労省の天下り先なので、日本で作ろうとしている。なぜ海外のメーカーと協力体制をとらないのか。国民の健康を省みないため、あらゆる対応が後手に回っています」というような声がある程で、日本の利権構造が対応遅れの要因となっているのはほぼ確定的だと言えるでしょう。

日本の悪い部分が凝縮されたのが新型コロナウイルスの対応であり、このままだと今まで以上に日本は酷いことになるかもしれません。

 

新型コロナ、厚労省が最新検査法を導入しない呆れた理由
https://article.auone.jp/detail/1/2/2/2_2_r_20200221_1582269854464375

ナビタスクリニック理事長の久住英二さんも、厚労省の“不手際”を指摘する。

「中国ではすでに、CT検査が有効という論文があがり、すぐに切り替えました。しかし、厚労省はそうした最新の検査法を導入していません。感染が流行った国が対応している方法や論文を見て対応すべきなのに、どういう検査が優れているかという最新情報を知らないんです。その結果、本当は陽性なのに陰性と判断される人が増えています。

しかも、ワクチンに関しても、国内のワクチンメーカーは厚労省の天下り先なので、日本で作ろうとしている。なぜ海外のメーカーと協力体制をとらないのか。国民の健康を省みないため、あらゆる対応が後手に回っています」

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!