新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

新型コロナで安倍首相がネット工作を依頼?首相動静にランサーズの社長ら 前に政治系コメントの書き込み依頼も

*首相官邸
2月25日の首相動静が物議を醸しています。

問題となっているのは、大手ネット企業の社長らを招いて行われた食事会です。
この食事会には金丸恭文フューチャー会長兼社長、秋好陽介ランサーズ社長、菅谷俊二オプティム社長らが参加し、新型コロナウイルスの対策本部に居る時間よりも、遥かに長いことやり取りを交わしていました。

詳しい内容は不明ですが、食事会に参加した「ランサーズ」という会社は内閣府を取引先の一つとして記載していた会社で、過去に政治系サイトへのコメント書き込み依頼を出していたことで問題となったことがあります。
その時に掲載された依頼の内容には、「安倍政治を応援している方」「テレビや新聞の左翼的な偏向報道が許せない方」などと書いてあり、安倍政権を応援する方向で募集が行われていました。

このような人たちと2時間近くも安倍首相は会食を続けていたわけで、何らかの依頼や要請を出していたとしても不思議ではないです。
奇しくもその前日には「よく考えたらコロナウイルスかかってる人あんまりいないよね」「ブルーベリーフラペチーノ」というような書き込みが複数のアカウントから一斉に投稿され、ネット上で話題になっていました。

2013年の参議院選挙から本格的にネット工作を開始した自民党ですが、今回も同じような事を大規模な形でやろうとしているのかもしれません。

 

首相動静(2月25日)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020022500238

 午後5時1分、東京・永田町のザ・キャピトルホテル東急着。同ホテル内の宴会場「鳳凰」で自民党と各種団体の懇談会に出席し、あいさつ。
午後5時11分、同ホテル発。同12分、官邸着。
午後5時19分、北村国家安全保障局長、滝沢裕昭内閣情報官、防衛省の槌道明宏防衛政策局長、納冨中情報本部長が入った。同29分、北村、槌道、納冨各氏が出た。同50分、滝沢氏が出た。
午後5時57分から同6時20分まで、北村国家安全保障局長、今井首相補佐官、秋葉外務事務次官。
午後6時37分、官邸発。同38分、公邸着。金丸恭文フューチャー会長兼社長、秋好陽介ランサーズ社長、菅谷俊二オプティム社長らと会食。同9時11分、全員出た。
午後10時現在、公邸。来客なし。

クラウドソーシングで保守系コメントの書き込み発注、1件30円 「テレビや新聞の偏向報道が許せない方」に依頼
https://news.livedoor.com/article/detail/13666803/

クラウドワークスで保守系のブログ記事が発注されていたことが話題になったばかりだが、今度はコミュニティサイトのコメント書き込みまでもが発注されていることがわかった。
ランサーズに9月24日、「政治系サイトのコメント欄への書き込み。保守系の思想を持っている方」という依頼が掲載された。報酬は20文字以上の書き込み1件につき30円となっている。依頼人は、20代後半の男性だ。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!