新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

衆議院選挙の前哨戦、参院静岡選挙区補選で野党候補の山崎真之輔氏が初当選!自民系候補を破る!


*SNS
10月25日に投開票となった参議院静岡選挙区の補欠選挙で、立憲民主党と国民民主党が推薦した山崎真之輔氏が当選確実となりました。
自民党と公明党が推薦した若林洋平候補は岸田文雄首相らが現地入りして支援を行いましたが、自民党政権の不満や反発が強かったこともあって落選。

獲得した票数は山崎真之輔氏が65万789票で、若林洋平氏が60万2780票、それに共産党の鈴木千佳氏が11万6554票でした。
共産党が別の候補を擁立している状況で野党候補が当選したのは非常に意味が大きいと言え、それだけ自民党への不満が高まっていることを示しているのだと思われます。

衆議院選挙の前哨戦と言われているだけに、この当選報告は非常に大きな影響を与えることになりそうです。

 

参院静岡選挙区補選 立民 国民推薦の山崎真之輔氏が初当選
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211024/k10013319991000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

新人3人の争いとなった参議院静岡選挙区の補欠選挙は無所属の元県議会議員で立憲民主党と国民民主党が推薦した山崎真之輔氏が自民党などの候補者を抑え、初めての当選を果たしました。
参議院静岡選挙区の補欠選挙は、開票が終了しました。
▽山崎真之輔(無所属・新)当選 65万789票。
▽若林洋平(自民・新) 60万2780票。
▽鈴木千佳(共産・新) 11万6554票。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!