ヘッドライン

新型コロナウイルス、エアロゾルで3時間以上も空気中に浮遊!プラスチックで3日間検出とアメリカ国立研究所

入力不要(ここは表示されません)


アメリカの研究チームが新型コロナウイルスについて、空気中でも3時間以上は生存状態で浮遊するとの調査報告をまとめました。

これはアメリカ国立衛生研究所などの調査チームがまとめたもので、霧のような微粒子状態になって空気中に浮遊する「エアロゾル」状態でも、最低3時間は生存することが確認されたと発表。くしゃみなどによって発生する飛沫とは異なるとして、事実上の空気感染だと報告しています。

また、新型コロナウイルスの生存期間を物質単位で調べたところ、銅は4時間、段ボール紙は1日、プラスチックやステンレスは3日間以上となりました。
プラスチック系製品を中心にかなり長生きすることが確認され、研究チームは「新型コロナウイルスの感染者が触れた物にも注意が必要」だと呼び掛けています。

 

New Coronavirus Stable for Hours on Surfaces
https://www.niaid.nih.gov/news-events/new-coronavirus-stable-hours-surfaces

The virus that causes coronavirus disease 2019 (COVID-19) is stable for several hours to days in aerosols and on surfaces, according to a new study from National Institutes of Health, CDC, UCLA and Princeton University scientists in The New England Journal of Medicine. The scientists found that severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 (SARS-CoV-2) was detectable in aerosols for up to three hours, up to four hours on copper, up to 24 hours on cardboard and up to two to three days on plastic and stainless steel. The results provide key information about the stability of SARS-CoV-2, which causes COVID-19 disease, and suggests that people may acquire the virus through the air and after touching contaminated objects. The study information was widely shared during the past two weeks after the researchers placed the contents on a preprint server to quickly share their data with colleagues.

新型コロナ「エアロゾル」で3時間生存 米研究グループが発表
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200318/k10012337251000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002

NIH=アメリカ国立衛生研究所などの研究グループは、新型コロナウイルスについて、霧のように空気中に漂ういわゆる「エアロゾル」という状態でも、3時間以上生存できるとする論文をアメリカの医学雑誌に発表しました。

 

 

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

入力不要(ここは表示されません)

\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next

ヘッドライン

   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    どこでもばら撒き、実体のない空中でも生き残り、コロコロ変異体になって様変わりする。毒性も破壊力も強くて、おまけに感染しても昔のままのフリすらする。
    安倍晋三のことだと思ったら新型コロナウィウルスのことだったのですね。
    そりゃ、日本が壊れる訳だ。

  • 匿名 より:

    郵便局の人大丈夫か?中国からの郵便物から感染したりしないのだろうか。

  • 匿名 より:

    空気感染は判明か
    インフルエンザより感染力低いって言ってる人が居なかったっけ?

  • 匿名 より:

    喫茶店すら怖いな
    電車も乗りたくない
    美容室は当面行かないし、歯医者は皆感染してる様に感じる

  • 匿名 より:

    最低3時間はやばいな・・・
    でも屋形船とかでも感染者は席3つ程度までだったようなので
    濃いものを吸わない限りは大丈夫そうな気もする
    1つでも入ったらアウトなら全員感染してそうだし

  • 匿名 より:

    何度でも言う、エアロゾル感染と空気感染は違う

    エアロゾル感染(限定空間感染)
    エアロゾルとは、飛沫よりも小さな粒子のことである。エアロゾルはくしゃみ等によって発生する飛沫とは区別されており、すぐに床面などに飛散することはない。また、水分を含むため飛沫核のように長距離を移動することなく、同じ空気中に一定の時間漂うことが主な特徴とされている。エアロゾル感染は、密閉された空間において長時間・高濃度のエアロゾルにさらされた場合に起きるとされており、限定された条件下で発生しやすいという点で通常の空気感染とは異なる。限定された条件下とは医療機関の診察室、タクシー車内などの密閉された空間を指す。

    ただしこの用語は専門的なものではない[2]。

    飛沫核感染(空気感染、塵埃感染)
    飛沫として空気中に飛散した病原体が、空気中で水分が蒸発して5マイクロメートル以下の軽い微粒子(飛沫核)となってもなお病原性を保つものは、単体で長時間浮遊し、3フィート(91センチメートル)以上の長距離を移動する。呼吸により粒子を吸い込むことにより感染を生じる。埃と一緒に、ウイルスを吸い込む場合でもなる。

    飛沫感染と飛沫核感染は病室管理上、区別する必要がある。飛沫核感染する、治療法のない強感染性・強毒性の病原体に感染した患者は、フィルターをもった独立した排気経路のある陰圧室での隔離療養が理想である。

  • 匿名 より:

    3月14日に当ページに掲載した記事について
    2020.3.14(土)
    JBpress
    世界情勢 生物学 健康
     3月14日に当ページに「ついに証明された、新型コロナは空気感染する」という記事を掲載しましたところ、多くの読者の皆さまから不正確な内容であるとのご指摘をいただきました。
     改めて確認しましたところ、一部に事実誤認があり、誤解を招く内容であると認められましたので、本記事を取り下げました。
     読者の皆さまからのご指摘、ご意見を重く受け止め、今後は正確な情報発信に努めてまいります。説明なく記事を取り下げたこととあわせて、お詫び申し上げます。
    (2020年3月14日、JBpress編集長 鶴岡 弘之)

     3月14日にJBpressに執筆した記事「ついに証明された、新型コロナは空気感染する」の一部内容に誤報があったことを深く謝罪いたします。
     記事中で紹介した英論文は『ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン』誌に掲載されたものではなく、「メドアーカイブ」というサイトに掲載された予稿であり、同誌に掲載されたものではありませんでした。さらに「空気感染」という言葉は「エアロゾル伝播」と表現すべきであり、正確さに欠けました。
     コロナウイルスの蔓延が収まっていない社会状況のなかで、多くの方にご迷惑をおかけしたことを深くお詫びいたします。(堀田 佳男)

  • 匿名 より:

    これ、コロナウイルスがエアロゾル化した後3時間空気中に漂うってだけで、空気感染とは違うぞ。コロナウイルスがなぜエアロゾル感染しやすいのかを具体的に示してるだけだ。

  • 匿名 より:

    ここにも新型コロナのエアロゾル感染と環境表面からの接触感染の具体的な説明があった
    URL貼るとコメントが反映されるか不安だから省略

    Aerosol and surface stability of HCoV-19 (SARS-CoV-2) compared to SARS-CoV-1

  • 匿名 より:

    エアゾル化して空気中に漂うって思いっきりエアロゾル感染の説明だぞ。空気感染じゃない。この説明で空気感染だというなら、ノロウイルスも空気感染になっちまうぞ?

  • 匿名 より:

    マンションなど ビラのポスティング。
    マジでやめて欲しいわ。

  • 匿名 より:

    とにかく空気感染と言う言葉を世に出したくない日本政府&御用は「エアロゾル感染と空気感染は違う」「エアロゾルは飛沫感染の一種」と火消しを繰り返しているが、理論的にも防疫的にも、「ごく弱めの空気感染」とみなすべき。

    要は、感染者が数メートルの近距離にいれば、セキ、くしゃみを浴びなくても、手にウィルスをつけてしまわなくとも、近くで息しているだけで感染しうるということ。拡げないためには、人前では、全員マスクが必須だ。

  • 匿名 より:

    空気感染とか言ってる人はここをよくNHKの記事を読みましょうね

    <<<液体を噴霧する装置を使って5マイクロメートル以下の「エアロゾル」状態にした場合>>>

    「液体を噴霧する装置を使って」ね。

    記事の続きにはこうある。

    「普通のせきやくしゃみで出る飛沫のほとんどは粒が大きいためすぐに地面に落ちますが、より小さい粒子は長時間、空気中に漂います。」

    普通のせきやくしゃみで出る飛沫はエアロゾルじゃございません。

    記事にはさらにこうある。

    「CDCは、エアロゾルが発生しやすい医療現場で働く人などに対し、専用のマスクを着用するなどしたうえで新型コロナウイルスの感染者に対応するようガイドラインに明記するなど、厳重な対策を求めています。」

    ようは、エアロゾルは医療的な処置(挿管、吸引など)で発生し、その場で3時間漂うかもしれないので医療従事者の皆さん気を付けてくださいねっていうこと。
    一般人が挿管とか吸引そんなに頻繁にやりますか?
    やらないでしょ。だから一般人はインフル対策みたいな飛沫感染防御で十分。

    だからこの記事をもって「くしゃみや咳で空気感染する」と言ってる奴は間違ってるし、それを拡散したらデマです。

    鬼の首でも取ったかのように記事をアップした君は日本語の記事が全く読めないことが分かった。感謝に絶えませんな🤣

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next