ヘッドライン

大分の病院で看護師ら14人が新型コロナウイルスに感染!集団感染か 岡山県で初の感染確認も

入力不要(ここは表示されません)

*JX通信社
新型コロナウイルスの感染報告が多数入ってきています。

九州地方の大分県では大分市の国立病院機構大分医療センターで男女5人が新型コロナウイルスに感染していたことが発覚。また、同じ医療センターに勤務している20代と50代の女性看護師2人からも新型コロナウイルスを検出しました。

これで大分県内で確認された病院関連の感染者数は14人となり、大分県の広瀬勝貞知事はクラスター感染(集団感染)が発生している恐れがあるとして、センターの関係者や入院患者全員のPCR検査を実施すると表明しています。

また、中国地方の岡山県でも岡山市に住んでいる60代女性から初めて新型コロナウイルスが確認されました。岡山県で新型コロナウイルスの患者が確認されたのはこれが初で、他にも神奈川県の川崎市や京都府の京都市などでも新規の感染者が発見されています。
日本国内における感染確認数は1099人で、いわゆるクラスター感染の報告がジワジワと増えているところです。

 

国内の感染者数
https://newsdigest.jp/pages/coronavirus/

患者ら600人検査へ 大分医療センターで集団感染12人 他機関に拡大もhttps://www.nishinippon.co.jp/item/n/593928/

大分県は21日、大分市の国立病院機構大分医療センターに入院していた元患者の80~90代男女5人が新型コロナウイルスに感染した、と発表した。広瀬勝貞知事は同日の記者会見で「クラスター(感染者集団)が発生したと言わざるを得ない」と述べ、センターの医療従事者と入院患者全員約600人に順次PCR検査を実施すると明かした。

大分の病院、院内クラスターか 看護師ら14人感染
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO57080660S0A320C2000000/

大分県は22日、大分医療センター(大分市)の20代と50代のいずれも女性の看護師計2人が、新型コロナウイルスに感染したことを確認したと発表した。病院関連の感染者は14人となった。県は院内でクラスター(感染者集団)が発生したとみて、職員や入院患者ら計約600人のPCR検査を進めている。

 

 

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

入力不要(ここは表示されません)

\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next

ヘッドライン

   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • ロハスな人 より:

     今回の件は医療機関のマスクや消毒薬等が不足していることが大きく影響しているかもしれませんね。
     『マスク不足』『医療機関』で検索するとわかりますが、『新型コロナ対策』が本格化する前の今の状況で『全国各地』の医療機関でマスクや消毒薬等が不足したままです。
    (※2月の頭から医療機関でマスク不足が指摘されています。)
     これからさらに感染者増が大きく懸念されるのですから、政府も地方自治体も全力で医療機関支援を行うべきでしょう。
    ⚪『マスク不足 医療機関ギリギリの節約 手作り使用も 』
    03/20 05:00 北海道新聞
     新型コロナウイルスの感染が拡大する中、道内の医療機関や介護施設のマスク不足が深刻化している。病院では感染予防のためのガウンやゴーグルなどの防護具も品薄で、診療などへの影響も懸念される。介護施設は事務職員のマスク配布数を制限したり、手作りマスクでしのぐところも。専門家は国や自治体には「優先順位を見極めた分配を」と求めている。

  • 匿名 より:

    今日の国会も、与党の質問は自画自賛と安倍内閣への高評価ばかりで懸念や疑問に対する質疑はゼロ

  • 匿名 より:

    パンデミック前夜を象徴するような感染事例ですね。
    一体、どこから・・・?
    10日ほど前に、大分市のキャバクラ勤務の女性が感染している、と発表がありましたが、この人からでしょうか?
    (患者として入院していたとか)
    .
    なお、下記の事例は発表されているのかな?
    テレビや新聞で見た記憶はないのだけれど。

    [ドコモ、コールセンターでコロナ集団感染の可能性…以前から「風邪気味でも来てください」]
    2020.3.19 三上洋
    https://biz-journal.jp/2020/03/post_147453.html/amp?__twitter_impression=true
    .
    NTTドコモの委託を受けているコールセンター、「ベルシステム24」で新型コロナ感染者8名が発覚

  • 匿名 より:

    メルケル首相、自宅隔離だって・・・
    >
    ドイツの政府報道官は22日、メルケル首相(65)が自主的に自宅隔離に入ると発表した。
    メルケル氏に20日、肺炎球菌の予防接種をした医師が、新型コロナウイルスに感染していることが判明したためだという。
    独政府は60歳以上の国民にこの予防接種を受けることを推奨していた。
    .
    まあ。
    このタイミングで。
    なお、ドイツの感染者は2万3000人あまりだそう。
    日本(正確な人数は忘れたけど)、少ねくね?

  • 匿名 より:

    ロハスさんのコメント通りかもしれないね。
    「京都新聞」より。
    >
    「1週間に1枚しか使えないなんて衛生上あり得ない」。
    京大病院に勤める女性医師は訴える。普段は診察や手術のたびにマスクを交換していた。
    だがマスクの確保が不安定になったとして、2月に医師や看護師らに対し1人当たり1日1枚の使用とする旨が病院から通知された。
    3月6日には原則として1週間1枚の使用制限が伝えられたという。
    .
     感染制御の専門知識を持つこの医師は
    「マスクのフィルター機能が損なわれるので1日1枚が限度」
    と指摘。
    新型コロナウイルス以外にもさまざまな感染症のリスクに対処する上で、現状のマスクの支給態勢に懸念を示す。「マスク不足への不安は現場から伝えていた。病院側は対応が遅かった」
    と話す。
    .
     京大病院によると、通常は週に計2万枚を院内で支給していたが、3月の使用制限開始時に在庫は4万枚になっていた。
    その後、マスクの納入が進み17日時点は10万枚に回復している。
    1週間1枚の使用に伴う衛生上の懸念については
    「マスクは肉眼的に汚染されれば交換する。必要時には各部署へ配布をしている」
    としている。
    .
     ほかでも京都市立病院(中京区)は、マスクを購入していた中国・武漢のメーカーから納品が滞り、使用の節約を呼び掛けている。
    三菱京都病院(西京区)も2月中旬から、医療者は原則1日1枚の使用制限に切り替えた。
    府立医科大付属病院(上京区)は1カ月分の在庫があるが
    「今後のマスク納入状況は予断を許さない」。
    3月上旬からマスクの交換を減らすよう院内に伝えている。
    (一部引用)
    .
    大都市にある 京大病院はもちろん、市立病院、三菱病院、府立病院など、錚々たる大病院にすらマスクがない・・・?!
    ということは、大分県ではいくら大きな国立大分医療センターといえども、マスクは無い(足りない)可能性が大きいですね。
    月6億枚増産はどうなったの?
    どこに消えているの?
    それとも月6億枚なんて、そもそも無いの?

  • 匿名 より:

    チャイナに生産を任せ過ぎました。だから国内の生産が追いつきません。
    グローバリズムの弊害。

  • 匿名 より:

    一番の原因は感染者が感染者だと分からずに、一般の患者と同じ棟(相部屋かどうかは知らない)に入院し、医師も看護師も他の患者も、感染者だと思わずに接した事でしょう。
    感染者と分かっていれば他の患者とは隔離し、医療従事者はPPE(PersonalProtictive Equipment)を装着して治療や診療を行うはず。
    だけど感染者と分かっていなければ、一般患者として扱うしかない。
    起こるべくして起きた事故だといえる。

  • 匿名 より:

    それから感染者のケアをする場合、普通の医療用マスクでは効果がありません。

  • 匿名 より:

    台湾の受刑者らがマスク製造、コロナ流行で新たな刑務作業(AFP)
    「この小さなマスクは社会に貢献する機会だけでなく、自尊心も与えてくれる」
    ”彼ら(受刑者ら)は注文に対応するため、とても意欲的に時間外まで働いている。休憩を取るよう促さなければならない時もあるほどだ”
    日本も一般用マスク製造の人手はありそう。

  • 匿名 より:

    大分合同新聞。
    >
    国立病院機構大分医療センター(同市横田)から感染が広がっている影響で、センターを含む東部の4病院が外来診療や入院の受け入れを休止することになった。
     センターは22日までに入院患者と退院者、医療スタッフ計12人の感染が確認された。センターから転院した患者の感染が判明した市内の医療機関も
    ▽県立病院(豊饒)▽大分岡病院(西鶴崎)▽坂ノ市病院(坂ノ市中央)▽佐賀関病院(佐賀関)▽大分リハビリテーション病院(志村)
    ―の5カ所に上った。県立病院を除けば東部に集中している。
    .
    医療崩壊につながりかねないと該当エリアの住民は心配している。
    かなり広域だし、県庁所在地とはいえ、田舎だからね。

  • 匿名 より:

    この件、間質性肺炎のある患者がコロナに感染していたのを、検査もせず見過ごしていたらしい。
    togetherにまとめがあった。
    >
    「朝日新聞大分総局」
    3例目の臼杵の女性がすでに肺炎で入院中で、検査がその後になった件。
    県によるともともと慢性の間質性肺炎があり診察でもその悪化と判断された背景があったそうです。
    新型コロナの判断が難しいなか、県は医療機関に、疑わしい場合は積極的に検査を依頼するよう呼びかけています。
    >
    「」
    大分臼杵の件、
    3/8までに夫婦そろって発熱倦怠感があるにも関わらず、そこから9日目の段階でまだ間質性肺炎の診断ってそりゃ重症になるでしょ。
    このご時世、そこまでに掛った病院がコロナ疑わないのもそうだけど疑わないもんでその後普通に診察して院内感染に繋がってるとか酷過ぎ。
    .
    うーん、大分クオリティ・・・

  • 匿名 より:

    アベ政権は医者や看護師がどれほど医療用備品が足りなくなって困っているかを直に視察すべきだ!お友達と会食してデータの隠蔽工作などを頼んで、自分だけラクして守ってもらってる場合ではない。
    こういう時こそ現場がどうなっているのか?を見て、知って、対策を考えるべきではないのか?
    それをしないから、何時まで経ってもまともなことができないのだ。
    雲の上から地上を見下ろしてすべてを解ったつもりになったところで、チグハグなことしかでいないのは自明の理だ。

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next