新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

K-1の観戦者に発熱症状!PCR検査を実施との報道へ 海外メディアも取り上げる!


3月22日にさいたまスーパーアリーナで行われた格闘技イベントの「K-1」について、観戦者から発熱症状が確認され、緊急のPCR検査を行っていることが分かりました。
このイベントは政府や埼玉県から中止要請を受けていましたが、主催者側は「予定していたイベントだ」として、感染症対策を強化することで実施。

最終的には約6500人が参加し、感染した場合に備えて追跡調査が出来るように観戦者の情報をまとめていました。発熱症状が出た観戦者のPCR検査結果は数日中には出る見通しです。
K-1の強行開催は海外メディアも取り上げており、批判や驚きの声が相次いでいます。

この問題をキッカケにして、東京オリンピックを含めた日本のスポーツ業界全体への反発が高まっている状態で、かなり日本の印象が悪くなっていると言えるでしょう。

日本においては休業補償や中止となったイベントの補填も無く、このような政府対応もK-1の強行開催を誘発させた要因になったと見られています。

 

「K-1」観戦者に発熱症状 PCR検査へhttps://www.zakzak.co.jp/soc/news/200324/dom2003240005-n1.html

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府や埼玉県が開催自粛を要請するなか、22日に決行された格闘技イベント「K-1」の観戦者から発熱症状が出たという報告が厚労省にあったことが23日、分かった。

K-1の強行開催が東京五輪、日本スポーツ界に飛び火
https://wedge.ismedia.jp/articles/-/19078?page=2

延期論が強まり、開催可否について今後1カ月程度で判断される見込みとなった東京五輪にも余波が広がるとの指摘もある。実際、JOC(日本オリンピック委員会)の内部からは「K-1の強行開催は世界中のメディアでも報じられ、驚くべき早さで各国からひんしゅくを買っている。これによって完全に日本は『ウイルスに対して警戒心が低過ぎる』というレッテルを張られ、延期論どころか、中止論にも拍車をかけてしまうことになりかねない」という恨み節も聞こえてきているほどだ。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!